迷走する国道一号線

なんだかよくわからんのだが、たぶん、本来の東海道というのは、
江戸城本丸中雀門を出て、下乗橋を渡り、
桔梗門を出て、桜田門、虎ノ門を出て、増上寺の西を抜けて、
品川宿、川崎宿を経て、神奈川宿へ至るのが正しいと思う。

品川宿というのは今の京急線の北品川駅から青物市場駅辺りまでを言う。
品川駅の南にあるのに北品川駅とはこれいかに、
ということについてはググれば書いてあるからまあ良いとして。
ここは第一京浜国道15号線なんだよね。

国道1号線は三田で15号線にぶつかる寸前で急に西に折れる。
直進して15号線に合流する三田通りというのがあるのにもかかわらず。
ちょうど慶応大学の辺りである。
ほんとうの東海道はこの三田通りを直進して15号線に入り、泉岳寺を通り品川を通り神奈川に至るまでずっと15号線。
この三田通りの交差点に「札の辻」というのがある。
おそらく京都から下向した来た武家はここから左の道を取る。
大名行列とか。
しかし、農工商は右の道を通る。
東海道の分岐点だったのだろう。

1号線はどんどん西へそれて五反田へ。
ここから中原街道に分岐する。
しかし中原街道になりきるのではなく、今度は東に向きを変える。
そしてなぜか第二京浜と呼ばれるようになるのである。
第二京浜とはなんぞや。
戦前の昭和に開発された国道らしい。
第二京浜は横浜の手前で第一京浜に合流する。
これで迷走する国道一号線はやっと一本に落ち着く。

日本の道路行政はひどすぎる。
よくみんな迷わず道を走れるものである。

Visited 14 times, 1 visit(s) today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA