鎌倉百人一首

投稿者: | 2010年2月28日

尾崎左永子「「鎌倉百人一首」を歩く」を読む。
北条泰時:

> 年へたる鶴の岡べの柳原青みにけりな春のしるしに

藤原長清撰「夫木和歌抄」というものに採られたものと言う。
宗尊親王:

> 十年あまり五年までに住みなれてなほ忘られぬ鎌倉の里

カテゴリー: 未分類
にほんブログ村 酒ブログへ 居酒屋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA