司馬遼太郎と日本外史

投稿者: | 2009年10月8日

司馬遼太郎の「燃えよ剣」を読んでいたら、近藤勇の愛読書として「日本外史」が出てきた。
その紹介はあっさりとしたもので、
楠木正成についてもごくありきたりの解釈。
もしかすると、司馬遼太郎は、平家物語や太平記辺りの日本史についてはあまり興味がないのかもしれんなと思った。
日本外史についてもせいぜい江戸時代に流行った講談もの程度の認識なのではないか。
ほとんど読んでないのではないか。
そんな気がする。

「燃えよ剣」自体はなかなか面白い。
特に調布から八王子辺りの地理をある程度知っている人には楽しめるだろう。
なんというか、関東に来てみないとよくわからない小説というものは実際ある。
志賀直哉の「城之崎にて」など冒頭、山手線にはねられて背骨を痛めてどうのという話があるが、
そもそも山手線というものがどんなもので、それが大正時代にはどんなふうでという具体的なイメージがつかめないと、
面白みがだいぶ減るのではないか。

眼福至極。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA