デフレと税収

税収が減っているのはデフレだから仕方のないことだと思うんだよね。
デフレになると同時に個人の所得も減って支出も減っている。
デフレは悪いことばかりではなくて、支出を減らすことができる。
こないだ某安売り店で、靴下一足100円、Tシャツ一着200円で買えた。
合わせて300円。
ジーパンだって近頃は700円くらいで買える。
デフレは悪いことばかりではない。

ところが国の支出はなかなか減らない。
デフレだから調達する予算はそれにつれて減っても良い。それなのに減らない。なぜか。
それからITがものすごく進んでいる。
ITが進んだから必ずしも支出が減るわけではないが、事務処理は明らかに合理化されるはず。
国の支出が激減してもおかしくはない。
しかし歳出が減る気配がない。これではなんのためのデフレかわからん。
年度内に予算を使い切らないと翌年に持ち越せないとか翌年から予算を減らされるから、
むりやり要らない予算まで使っちゃうでしょう。
それで減るはずのものが減らないんじゃないの。
あれはよろしくないよな。
あれは、インフレの時にはうまく機能するかしれんが、デフレでは最悪な仕組みだよな。
お役所で予算減らすには部署ごとなくしたり統廃合するしかない。
部署ごとに予算をやりくりして少なく効率化するという機能がそもそもそなわってない。

それに、歳出が減らないのは景気刺激策とか言ってばんばん税金を投入するからだろう。
しかし長期的傾向がデフレだというのに歳出を減らさず、むしろ増やして景気を刺激しても、
結局は国の借金を増やすだけではないか。

トヨタの社長でもなんでもいいから、とにかく経費を削減するにはどうすりゃいいかから考えるのがやはり筋ではないかな。

Visited 18 times, 1 visit(s) today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA