新葉和歌集

南朝で編纂された[新葉和歌集](http://www7a.biglobe.ne.jp/~katatumuri/waka3/sinyo/)
がかなりおもしろい。
特に後村上天皇の歌が力が入っててすごくおもしろい。

> 高御座とばりかかげて橿原の宮の昔もしるき春かな

> あはれ早や浪収まりて和歌の浦に磨ける玉を拾ふ世もがな

> 四つの海波も収まる徴しとて三つの宝を身にぞ伝ふる

南朝は、宮廷の貴族なども少なくて、
明治になってから正統とされたからそれまでにきちんと記録に残らなかったことも多いのだろう。
後醍醐天皇の皇子らの名前の読みが曖昧なのも、
親王でよくわらかない人が居るのもそのためなのかもしれん。

幕末や維新までくだってきたならともかく、天皇が、「橿原の宮」や「三種の神器」を和歌に詠むというのはかなり異色だ。
三つめの歌などは、明治天皇御製

> 四方の海みなはらからと思う世になど波風の立ち騒ぐらむ

を思わせる。
おそらく関連はあるのだろう。

今なら[岩波文庫版](http://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E8%91%89%E5%92%8C%E6%AD%8C%E9%9B%86-%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%9D%92-139-1-%E5%B2%A9%E4%BD%90/dp/4003013913/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1261580129&sr=8-1)
が新品で買えるようだ。
確保しておくか。

Visited 37 times, 1 visit(s) today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA