新葉和歌集・砧の音

投稿者: | 2009年12月26日

都人らには、田舎の砧を打つ音が珍しかったらしい。

> 都には風のつてにもまれなりし砧の音を枕にぞ聞く (宗良親王)

> 里人の袖に重ねておく霜の寒きにつけて打つ衣かな (前内大臣隆)

> 聞き侘びぬ葉月長月ながき夜の月の夜さむに衣うつ声 (後醍醐天皇)

> おしなべて夜寒に秋やなりぬらむ里をもわかず打つ衣かな (泰成親王)

> 聞きなるる契りもつらし衣うつ民のふせ屋に軒をならべて (尊良親王)

> 寝覚めして夜寒を侘ぶる人もあらば聞けとやしづが衣打つらむ (京極贈左大臣) 

参考:

> から衣うつ声きけば月きよみまだねぬ人を空にしるかな (紀貫之)

> 里は荒れて月やあらぬと恨みてもたれ浅茅生に衣打つらむ (九条良経)

> み吉野の山の秋風さ夜ふけてふるさと寒く衣うつなり (飛鳥井雅経)

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA