カスティリオーネの戦い

投稿者: | 2011年12月10日

Chiese は「チーゼ」ではなく「キエーゼ」と読むのだった。

カスティリオーネ戦に出てくるメドラノの丘 (Monte Medolano) と言うのは、ソルフェリーノ戦のメードレ (Medole) のことか。

マントヴァはミンチョ川の湿地帯の真ん中に作った要塞だった。
四方を囲む湖は、スペリオーレ湖、メッツォ湖、インフェリオーレ湖、パジョロ湖と呼ばれたが、
パジョロ湖だけは18世紀末に干拓されたという。
パジョロ湖を干拓してしまうと、要塞を完全に囲むことができない。
要塞としての機能を捨てたということか。あるいは、時期的に、ナポレオンが意図的そうしたのか。
あるいは自然と干上がってしまったのか。
あるいは、籠城戦というものが近代戦に合わなくなったのか。

いずれにしても、イタリア統一戦争の頃には、マントヴァはもはや湖に囲まれた難攻不落の要塞都市ではなくなっていた、
ロンバルディアにおける戦略的拠点ではなくなっていた、ということだろう。

カテゴリー: 未分類
にほんブログ村 酒ブログへ 居酒屋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA