未だに推敲してるのだが

投稿者: | 2012年2月28日

病度両月兪益憂
起臥無聊似俘囚
迎秋不覚秋風冷
窓外只眺片雲流

ふと、終わりの行が李白の詩に酷似しているのに気づいてしまった。

故人西辭黄鶴樓
煙花三月下揚州
孤帆遠影碧空盡
惟見長江天際流

無意識のうちに真似てしまったのだなあ。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA