亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

Archive for 12月, 2012

後三条天皇

12.30.2012 · Posted in 和歌

後三条天皇の御製を探しているのだが、なかなか無い。 『新古今集』

みこの宮と申しける時、太宰大弐実政学士にて侍りける、甲斐守にて下り侍りけるに、餞たまはすとて
後三条院御歌
思ひ出でて おなじ空とは 月を見よ ほどは雲居に 巡りあふまで

しかし、これは『拾遺集』の歌にあまりに似ている。

橘の忠幹が、人のむすめにしのびて物言ひ侍りける頃、遠き所にまかり侍るとて、この女のもとに言ひつかはしける
忘るなよ 程は雲ゐに なりぬと も空行く月の めぐり逢ふまで

『伊勢物語』第十一段にも、同様の歌が見える。

むかし、男、東へ行きけるに、友だちどもに道よりいひおこせける
忘るなよ ほどは雲居に なりぬとも 空ゆく月の 巡りあふまで

『読史余論』では、『古事談』に出てくる話として、やはり後三条天皇の御製として

忘れずは おなじ空とは 月を見よ ほどは雲井に 巡りあふまで

とある。 思うに、初出は伊勢物語であろう。 意味も一番素直でわかりやすい。 後三条天皇御製はひねってあってやや意味が通りにくい。

『玉葉集』

御前に菊をおほく植えさせ給へりけるを、弁乳母申しけるをたまはせざりければ、
ほしとのみ 見てややみなむ 雲のうへに さきつらなれる 白菊の花
と申して侍りければ、後三条院
色々に うつろふ菊を 雲の上の ほしとはいはで 人のいふらむ

後三条天皇 はコメントを受け付けていません。

顕季

12.29.2012 · Posted in 和歌

たづね来ぬ先にも散らで山桜見るをりにしも雪と降るらむ

山高みをのへに咲ける桜花散りなば雲の晴るるとや見む

しぐれつつかつ散る山のもみぢばはいかに吹く夜の嵐なるらむ

やまびこの答へざりせばほととぎす他に鳴く音をいかで聞かまし

さりともと思ふばかりや我が恋ひの命をかくるたのみなるらむ

秋風になびくすすきと知りながらいくたびそこに立ち止まるらむ

秋の夜は人待つとしもなけれども荻の葉風におどろかれつつ

ちとせまで君が摘むべき菊なれば露もあたには置かじとぞ思ふ

風はやみなびく稲葉の葉の上にいかでおくらむ秋の夜の露

霧晴れぬ小野の萩原咲きにけりゆきかふ人の袖にほふまで

散りかかる細谷川に山桜たづぬる人のしるべなりけり

試みにさてもや春はうれしきと花なき年にあふよしもがな

青柳の糸吹き乱る春風もいかに苦しきものとかは知る

雪のうちにつぼみにけりな梅の花散る明け方になりやしぬらむ

としまよりとわたる船のともやかたやかたつれなきいもが心か

心あらばこよひの月をからくにの人もながめてあらざらめやは

(1-100)

顕季 はコメントを受け付けていません。

歌論の源流

12.28.2012 · Posted in 和歌

藤原清輔は藤原俊成より10歳年上であり、 清輔には歌論書『奥義抄』があり、 俊成には『古来風体抄』がある。 清輔は治承元年に死んでいるから、源平の争乱直前までしか知らなかった。 『古来風体抄』が『奥義抄』の影響を受けてなったのは間違いなかろう。 俊成は90歳まで生きており、晩年新古今集勅撰の院宣が下っているのだが、彼は後鳥羽院に自分よりも息子の定家を選者に推薦したのだろうと思われる。

定家や後鳥羽院の歌論が断片的、羅列的で、簡素明快なのに対して、 清輔や俊成の歌論の方が長大で体系的なのは不自然だと思う。 おそらくは、紀貫之の仮名序のような、ごく感覚的な文章や、 いくつかの歌に注釈を付けたようなものの集成があって、 それらは確かにもともと俊成や清輔が書いたのだろうが、 それを核として、多くが後の世に付け足された、と考える方が自然だと思う。 ただ、俊成はそうとうもうろくしていただろうから、老人の繰り言というかな、自分でくだらないことをくどくどと書いた可能性もあるわな。 ちゃんと調べてみないと。

天皇が和歌に深く関与したのは白河院が初めであり、 次には崇徳院が、その次には後鳥羽院が和歌を発展させた。 この時期に歌論が生まれ、さらに歌学へと体系化される下地ができた、と考えられる。 その生成過程は非常に興味深い。

歌論の源流 はコメントを受け付けていません。

和歌

12.23.2012 · Posted in 雑感

ふと思えば、一年以上和歌を詠んでない。 いや、『新井白石』の中に出てくる歌は詠んだんだけど。

ひとりもるしづが千代田の岡におふるまつてふ心君につげばや

千代田の岡というのは明治天皇が好んだフレーズなんだよな、実は。 他にも孝明天皇の和歌を採り入れた箇所もある。 たぶん言わなきゃ誰も気付かないだろうど。

心不全で入院する直前に詠んだ歌なんだよな、これ。 今みると恐ろしい。

和歌 はコメントを受け付けていません。

訓導の詠歌

12.23.2012 · Posted in 詠歌

祖父は昭和二十年当時、国民学校の訓導、つまり今で言う小学校の教諭だった。 四月四日、訓導にも動員令が下ったと、 祖父は「応招前記」という日記に書いている。 面白いのは毎日のように和歌を詠んでいることで、 祖父が和歌を詠むとは初めて知った。その歌の存在すら知らなかった (もしかするとまったく忘れてしまっただけで実は祖父から和歌の影響を受けた可能性もなくはないのだが)。

きのふまで人ごととのみ思ひしに今日より我もいくさ人なり

悪くない。 明治四十五年生まれなので、当時三十三歳のはずだ。

戦局の日々に苦しくなればとて大和心にゆるぎあらめや

菜の花の散るをも待たで征く人を送りて次は我かとぞ思ふ

粥すすりすめらみくにを護る者我一人にはあらざるものを

沖縄の決戦夢に見しものをおのが勤めはかはらざりけり

動員の学徒となりて征ける子よまめに務めよ我が国のため

今をおきて立ち上がるべき時はなしすめらみくにのますらをの子ら

メリケンを討たむばかりに剣とる今日この頃ぞうれしかりける

我一人正しと思ふ心こそ正しからざる心なりけれ

皇国の興廃かける一戦の間近に迫る夏の朝かな

いかづちのとどろく中に田植ゑする乙女の心強くもあらなむ

みそとせも生きながらへし身にしあれば散りゆく今日に何不足ある

おそらく当時みんなこんなふうに和歌を詠んだんだろうなあ。 そして戦後、反動でまったく詠まなくなったのだ。

こういう歌を詠んでしまうと、なかなか普通の歌は詠めないものだ。

訓導の詠歌 はコメントを受け付けていません。

投票所混雑

12.18.2012 · Posted in 雑感

投票所が混んでたというのは私も感じた。 ある種の熱気も感じたが、投票率が案外低くて驚いた。 思うに、混むのは、投票方法が複雑になるとか、あるいは、投票するとき長く考えるためだろう。 これまではとくに考えずに機械的に投票する傾向があったのではないか。 今回はみんな投票間際に悩んだ。 そのため行列ができてしまったのでは。

そんな悪い傾向ではない。

投票率が戦後最低とかで騒ぐのもおかしい。 59.32%は確かに低いが、 小選挙区比例代表になってから、59%台はすでに二回ある。 投票率が低いのは、おそらく小選挙区制だからではないか。 つまり、小選挙区だと、誰が勝つか投票する前から明らかなことが多い。 だから投票所にいかずに済ます、とか。 あと、やはり、マスコミの予測報道が相当正確になってきたせいもあると思う。

今回も、行かなくても誰が当選するか自明だったせいと、 誰にも投票したくない棄権が多かったからだろう。

無効票も多かったというのもやはり同じ理由だろう。

投票率が上がれば、とくに若者が投票に行けば世の中は変わる、とか、 主張するやつが多いのだが、 そういうやつは、多分、投票率が高ければ民主党が勝つとか公明党に不利だとか思ってる連中だろう。 あるいは、若者の政治離れ、みたいに、若者に責任を負わせたがるやつら。

もっとちゃんと分析して、 システムとして投票率があがるようにしろよ。 「若者よ、投票へいこう」なんてただの精神論にしか思えない。

それから、戦後まもなくと現在では有権者数が三倍近く違う。 ものすごく増えているのだ。 つまり、有権者に占める高齢者が増えている。 有権者に定年退職はないのだ。 そうするとどうしても若者は年寄りに頭を押さえつけられている感じになる。 自分たちが何やっても無駄だみたいになる。 ますます若者が選挙にいかなくなる。 若者が選挙にいかないよりもそちらの方がより深刻な問題だろう。

投票所混雑 はコメントを受け付けていません。

業界標準業務システム

12.18.2012 · Posted in 雑感

自分ではやろうとは思わないが、 kvmサーバ構築して、ドメインとって、wordpress導入して、 適当にテーマいじってあげるだけで十分に商売になる時代だ罠。 ていうか、それってまさにサイト構築の業務なんだわな。 自分でやらんでも知識さえあれば、営業や開発はスタッフにやらせて、あるいは外注して、 自分はマネージメントとか。 ありえん話ではない。

社会的に必要とされているということと、それを自分の仕事にしたいこととは微妙に違う。

アプリ開発が儲かるとか開発コストが劇的に安くなったとか、 なるほどそれは素晴らしくよいことだがじゃあそれを仕事にしたいかといわれれば。

wordpress も movable type とせりあってたころがおもしろかった。 業界標準となってみると逆に興味を失う。 なんなんだろう。

業界標準業務システム はコメントを受け付けていません。

小選挙区制

12.18.2012 · Posted in 雑感

今回小選挙区制の怖さを知ったとかいう人がいるが、 むしろ小選挙区制の怖さがわかったのは前回の選挙であるし、 今回と前回の選挙の傾向が(結果が正反対なだけで)似ていることを見るとさらにぞっとするだろ。

小選挙区制 はコメントを受け付けていません。

大いなる怠慢

12.18.2012 · Posted in 雑感

思うに、歴代天皇の中で歌のうまい順に順位を付けるならば、 やはり一番歌のうまい天皇は、後鳥羽天皇だと思う。 その次に誰がうまいかと言えば、 これが難しいのだが、花山天皇か、後水尾天皇か、或いは、 順徳天皇、後醍醐天皇、亀山、伏見、光厳天皇なのではなかろうか。 それに続いてやっと、孝明天皇とか明治天皇のような、近代の天皇があがると思う。

私は、近代、というか近世の孝明天皇や明治天皇の歌を高く評価する。 というより私は明治天皇のファンである。 しかし、では、明治天皇が後醍醐天皇や後水尾天皇より上か、並ぶか、と言えば、 やはり違うのではないかと、思わざるを得ない。

そして、後鳥羽天皇はやはりダントツで一位だと思う。 丸谷才一の偉大な業績の一つは、後鳥羽天皇を見いだしたところであり、 やはり丸谷才一という人はすごいなと、思わざるを得ない。

丸谷才一以外の人は、つまり戦後の文人たちは、日本が民主化されたというのに、 こういう作業を何もしていない。 明治や大正の歌人や文人にはできなかったかもしれないが、戦後の文人は当然やるべきだった。 大いなる怠慢というべきだ。

大いなる怠慢 はコメントを受け付けていません。

野田総理を惜しむ

12.17.2012 · Posted in 雑感

今回の選挙は正直これまでで一番棄権したかった。 前回民主党が勝ったのと同じ乗りで今度は自民党が勝つ、というのがわかりきっていたからだし、個人的に私はずっと自民党に入れてきたが、私は野田首相が好きだったから、今回に限ってできれば民主党を支持したかったからだ。

野田さんが好きだという人も少なからずいるようだが、選挙にはまったく影響しなかったようだ。

野田総理も結局は民主党の敗戦処理をまかされるだけの人に終わったわけだが、 まあ良い負け方をしたという意味ではまた目の出るときもあるのだろう。 能力のある人を使い捨てにして欲しくない。

選挙というものは欠陥システムだし、日本の民意は馬鹿だと再認識した。 今まで抱いていたかすかな幻想さえすべて消え失せた。

付言すると、日本にはドイツのネオナチに相当するような極右というものはいない。 いたとしても政治的にはまったく無力だ。 今回程度の右翼的な動きが現れるのはまったく自然だし、 今までいなかった方がおかしい。 よその国では当たり前な、国旗を掲げて集会というのが皆無だったのだから、いままでは。 バランスを取るという意味ではいたほうがいいくらい。

だが、そういう動きを見ると脊髄反射的に大正デモクラシーがとか、 大政翼賛がなどと言う人がいるのだが、 大正デモクラシーをどのくらいわかっててそんなことを言ってるのだろうか、 どの程度の分析を下地にしているのだろうかと疑う。

こんなに政権がぐらぐら交替して首相が一年程度で辞めていく政治が良い政治なわけがない。幕末維新の頻繁な改元みたいなもの。もっと安定した状態に収束していく仕組み作りが必要なのではないか。それにはまず遠回りなようだが、民意形成プロセスのどこに欠陥があるかを分析するところからやらないといけないのではないか。さもなくば国民が選挙を信用しなくなって性急な手段に走る危険性がある。

アメリカでも政権交代すれば政策が根本からがらりと変わる。 しかしその周期は八年以下ではない。 日本では四年かもっと短い。 その短い四年間の中で毎年首相が交替する。異常だ。 もしこれが電子回路なら誤作動か誤設計しかありえない。 変わること自体は悪くないとして、 日本が二大政党政を目指すと極めて短い周期で振動する、ということがわかったのではないか。 もすこしなんとかしてほしい。

野田総理を惜しむ はコメントを受け付けていません。