そえだ信『天気予報は今夜もはずれ』

まあ、面白い。
お金払ってもいいかなと思わせるレベル。
だが、短編をそのまま有料にすると割高感はあるかも。

ネットで検索するとファンタジーかミステリー系の新人賞の選考に何度か残っているようだ。
どんどん kdp で出していただきたい。
確実に読みます。
表紙の絵もなんか意味ありげ。

以下、ややネタバレあります。
タクシー運転手のモノローグで通す、という形式は、うーん、たぶん皆無ではないと思う。
恋愛シミュレーションゲームのいわゆる「二人称視点」というやつがそうだ。
作品の中にも書いてあるようにこれが Youtube 動画とかニコ動的なものをそのまま文章にした、というのは、少し新鮮かもしれない。
私小説っぽい出だしでだんだんにミステリー小説になっていく、というのもおもしろい技巧。
ただまあ、一発ネタだよね。
なんだミステリーオチかという気もした。
構成が巧んでいる割には、アリバイの謎解きがありきたりな気がする。
ここまで凝ったんだから、ついでにもっとこってりしたミステリーものにすれば良かったのではなかろうか。

ミステリーというのは問題提起して読者に推理させながら謎解きしていくというわけで、
一つのパターンにはまっているから読者も安心して読める。
いわば、センター入試の筆記試験みたいなもんじゃん。
小説をその枠にはめるというのがね。
すこし抵抗があるんだが、半七読んだせいで、たまにはそゆのも書いてみようかなという気もしてきた。
私としては、推理モノなのか歴史物なのか恋愛ものなのかゆらいでる感じなのが好き。
世間一般のジャンル分けに抵抗してみたくなる感じ。
一箇所にとどまりたくない。

『紫峰軒』まだ無料で読めますので是非。

追記。タイトルは中島みゆきの歌に由来しているのか。

Visited 43 times, 1 visit(s) today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA