日本に学者はいなかった

投稿者: | 2014年8月31日

丸谷才一「文学のレッスン」のp152に「日本に学者はいなかった」という章がある。
非常に困惑する章題なのだが、本文を読んでみると、
「近代日本文学では学問が軽蔑されていた」、とか、
「小林秀雄は明治憲法で中村光夫は現行憲法だ」などと書いている。

小林秀雄は気持ちの良い歯切れの良い文体だがしかし何を言っているのかさっぱりわからない。

中村光夫の文章にはそういう爽快さがないけれど内容を伝達する能力は高い。

で、世の中の人は小林秀雄みたいな人を優れた批評家だと思い込んでしまったので、
批評は訳がわからなくてよい、みたいな話になっている。
訳がわかる評論とは論文であって評論ではない、そういうものは学者が書けば済む話だ、
というわけだ。

いやまあ言いたいことはわかる。
小林秀雄は朦朧体みたいなもので、至る所かすんでいる。
でもときどきすごく論理的でほかのどの論文よりも明晰で説得力があるところがある。
そういう意味ではフロイトに似ている。
でも論文じゃないんだな。
そこが天才的なところだわな、他人にはまねできない、学者にはそういう仕事はできない、
という意味で。
小室直樹もそれに近いかもしれんね。
小室直樹は学者だけどね。

「日本に学者がいなかった」なんてどこにも書いてない。
困った表題だ。

カテゴリー: 未分類
にほんブログ村 酒ブログへ 居酒屋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA