帯状疱疹

投稿者: | 2014年12月22日

変な赤いぶつぶつが出来たので皮膚科に行ったら、
帯状疱疹という病気だと診断された。
子供の頃に罹った水疱瘡のウィルスが体の中に潜伏していて、
加齢によって体が弱ってくると活性化するらしい。
50才以上の人に多いという。
6、7人に1人くらい発症するという。

不思議なことに体の片側にしかできものができない。
ウィルスが神経の奥の方をおかすからだという。
神経は脊髄を中心に体の外側に向かって伸びている。
その途中がウィルスにやられるとその下流が皮膚まで達してできものになるらしい。
食あたりでリンパがやられたのかと思ったが全然違った。
寝違えみたいな腰痛が伴う。
風邪引いたときのふしぶしの痛みとも似ている。

ちゃんと治療しないと神経痛が残るそうである。
なるほど神経が痛むというのはこういうものなのだ。
痛みが体のあちこちに移る感じだ。
肌をなでるとひりひりする。
必ずしも強い痛みではないが、不快だ。

酒も飲んではいけないらしい。
年を取るというのはほんとに面倒だ。

カテゴリー: 未分類
にほんブログ村 酒ブログへ 居酒屋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA