雲居に紛ふ沖つ白波

藤原忠通

> わたの原 漕ぎ出てみれば 久方の 雲居に紛ふ 沖つ白波

「くもゐにまがふ」だが、これ自体は珍しいのだが、
検索してみると「かすみにまがふ」という用例がある。
「花のためしにまがふ白雪」などというものもある。
「しらがにまがふ梅の花」というのもある。

「かすみにまがふ」とは「霞と見間違う」という意味ではなく、
「かすみに紛れてよく見えない」という意味だ。

> かざしては 白髪にまがふ 梅の花 今はいづれを 抜かむとすらむ

こちらは白髪と梅の花が紛らわしいという意味だ。

いずれにせよ「雲居に紛ふ沖つ白波」とは雲か波か見分けがつかない沖の白波という意味だろう。

詞花集には関白前太政大臣という名で二首続けて載る。

> 左京大夫顕輔あふみのかみに侍りける時、とほきこほり(遠き郡)にまかれりけるにたよりにつけていひつかはしける

> おもひかね そなたのそらを ながむれば ただやまのはに かかるしら雲

藤原顕輔は詞花集の選者。

> 新院位におはしましし時、海上遠望といふことをよませ給けるに

> わたのはら こぎいでてみれば ひさかたの くもゐにまがふ おきつしらなみ

新院とは詞花集の勅撰を命じた崇徳院のことで、位におはしましし時だから、
在位中の 1123年から 1142年の間に詠まれたことになる。
この時期まだ一院である鳥羽院が存命で、新院である崇徳院は完全に鳥羽院の院政の下にあったわけだ。
ところで「雲居に紛ふ沖つ白波」とは、
保元の乱(1156)で敵味方に分かれて戦った弟の藤原頼長のことだという説があるようだ。
帝位を伺う佞臣に気をつけてくださいと、忠通が崇徳院に注進したというのだが、
まあ時期的にあり得んだろそれは。
崇徳天皇在位中、頼長は3歳から22歳の間。
頼長が周囲と対立して悪左府と呼ばれるようになるのは、1151年以後。
左府(左大臣)となったのでさえ 1149年。
藤長者になったのは1150年。

忠通はこのときすでに摂政も関白も太政大臣も歴任済み。
順調に出世していて特に政敵がいるようにも見えない。

百人一首をおかしなふうに解釈してるやつは一つ一つつぶしていかにゃならん。
そうやって、
なんら根拠のないこじつけをありがたがる風潮がある。
室町時代の古今伝授と何も違わない。現代人は室町時代・江戸時代の無知蒙昧を笑えない。

「沖つ白波」の沖は隠岐であり、後鳥羽院を鎮魂しているという説。
まあ、無視してよかろう。

百人一首の並びで、前と後が、忠通との政争に敗れた人物(藤原基俊、崇徳天皇)
であるという説。
これもどうでも良い話。
ていうか基俊はただの歌人だと思うのだが。なんなんだろうか。忠通とはむしろ近かったはずだ。

Visited 19 times, 1 visit(s) today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA