ふみよめば

投稿者: | 2010年3月2日

本居宣長は本が好きという話。

> 書読めば大和もろこし昔今よろづのことを知るぞうれしき

> 書読めば詳しくぞ知る天の下行かぬ国々四方の海山

> 書読めば見ぬもろこしの国までも心のうちのものになりつつ

> 書読めば昔の人はなかりけりみな今もある我が友にして

> 書読めば千里のよそのことまでもただここにして目に見るごとし

> 書読めば花も紅葉も月雪もいつとも分かず見るここちして

> 書読めば心にもののかなはぬも憂き世のさがと思ひ晴るけつ

> 書読めば絶えて寂しきことぞなき人も問ひ来ず酒も飲まねど

ふーむ。

> 酒飲みて歌ひ舞ひつつ遊ぶより書読むこそは世に楽しけれ

ふーむ。

> 書読までなににつれづれなぐさまむ春雨の頃秋の長き夜

> 暑けれど書読むほどは忘られて夏も扇は取らむともせず

ふーむ。

> 埋み火のもとに夜々起きゐつつ寒さ忘れて見る書ぞ良き

ふーむ。

> 跡絶えて深く降り積む冬の日も書見る道は雪もさはらず

おっしゃる通り。

> なづむなよ書見る道に朝霜の解けぬ所はさても過ぎ行け

> 書見るにけはしき道は避きて行けまたき心の馬疲らすな

> 面白き山川見つつ行けばかも書見る道は苦しくもあらず

> もろもろの書見る道は夜昼と千里行けども足も疲れず

> 寝るうちも道行くほども書読まで過ぐるぞ惜しきあたらいとまを

ずいぶんせっかちだな。

> 菅の根の長き春日も短きぞ書読む人の憂ひなりける

> 面白き書読むときは寝ることももの食ふこともげに忘れけり

> 玉の緒の長くもがなや世の中にありとある書を読み尽くすまで

ふーん。

カテゴリー: 未分類
にほんブログ村 酒ブログへ 居酒屋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA