本居宣長続き

投稿者: | 2010年3月3日

> 春の野の岡辺の道のつつじ花手折りて行かなたびのなぐさに

> 里しあらば宿借らましをあしびきの山路まどひて行き暮れにけり

> あまざかるひなのあら野のあら草を枕にまきて旅寝す我は

> あしびきの山松が根に旅寝してあらし吹く夜は家をしぞ思ふ

> 草枕たびと思へど浪の音のとよむ浜べはいねがてぬかも

> ぬばたまの夜は明けぬらし磯の海人のあご整ふる呼び声聞こゆ

「あご」は「網子」(あみこ)。網を引く人。「大宮のうちまで聞こゆ網引(あび)きすと網子ととのふる海人の呼び声」(万葉集238)。

> 我が旅は日長くなりぬあらたまの月日よみつつ妹待たまくに

> 草枕たびの日長み家の妹が縫ひて着せたるきぬ垢つきぬ

> うちなびく草香の山をけふこえて難波の海を見さけつるかも

> 波の上にうき寝我がする明石潟浦吹く風の寒きこの夜を

> 豊国の夕山雪の日長くは家なる妹が待ちやかねまし

> 春の雨の晴れてといはば散りぬべしけふ見に行かな山の桜は

> 近からば吉野の山の桜花きのふもけふも行きて見ましを

> いかならむ吉野の山もこの頃や桜の花の盛りなるらむ

> 朝日かげにほへる山の桜花千代とことはに見ども飽かめや

> 思ふどちいざ見に行かな春山に咲ける桜の花の盛りを

> 立ち出でてふりさけ見ればあしびきの山は桜の花盛りなり

> みやびをの春のかざしと桜花野にも山にも咲きにけるかな

> あらたまの春立ちしよりいつしかと待ちし桜の花咲きにけり

> 山づとに見せむと思ひて桜花道の長手を手折り持ち来ぬ

> おのづから人ぞ訪ひ来る山里も春は桜の花見がてらに

迷い、悟りと言ふことをことごとしく人の言ふに

> 悟るべき事も無き世を悟らむと思ふ心ぞ迷ひなりける

わろす。

述懐

> いたづらに年ぞ六十になりにけるなすべきわざは未だならずて

> 思ひ出づる三十の春も三十とせのかすみ隔たる花のおもかげ

山家水

> 世の中の憂きこと聞かぬ住まひかなただ山水の音ばかりして

> 明け暮れに汲むとはすれど谷水になほすみ果てぬ我が心かな

山家松

> 軒の松むかしの友と言ふばかり我が山住みの年も経にけり

山家

> 厭ひてもものの寂しき夕暮れは憂き世恋しき山の奥かな

> ある時はありのすさびの世の憂さもまたしのばるる山の奥かな

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA