マルコ福音書

マルコ福音書は最初に13章までが書かれたのだという。
つまり受難の前まで。
さらに受難の章14,15が書かれた。
復活について書かれた16章目は、もともとマルコには含まれていなかったという。

ということはだ、マルコの最初の形は、冒頭ヨハネの話がちょっと出てくるが、
いきなりイエスのガリラヤ布教の話に移る。
そしてほとんどがガリラヤでの布教活動の記述の列挙で終わる、ということだ。
つまり、マルコ福音書というのはもともとは「イエスのガリラヤ布教伝」
というものだったらしいのだ。

「イエスのガリラヤ布教伝」というテクストがまずあって、
これに若干加筆してマルコとなり、
また「ガリラヤ布教伝」または「マルコ」を参考にして「マタイ」と「ルカ」が出来た、ということらしい。

「マタイ」が現在の新約聖書の冒頭に配置されているのは、「マタイ」がダビデからイエスまでの系譜やら、
イエスの誕生などを時系列で丁寧にまとめているからだろう。

Visited 14 times, 1 visit(s) today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA