春の家居

投稿者: | 2010年5月2日

> 日の光 満ちぬる春に 家ゐして 庭の木の芽の 伸びゆくを見る

> たけ高く なりゆきなむと 庭の木に 春の日差しの たのまるるかな

> 軒近き 隣のやぶも 今はなし とほくに来鳴く うぐひすを聞く

> やはらかき 庭土踏みて 生ひ出づる ちぐさもも草 根引き抜く頃

> こぞの夏 食ひ荒らされし 我が庭の 木の芽に虫を はらふ頃かな

> 昼下がり ほのくらがりの 部屋にゐて かくてひねもす あらじとは思ふ

> 高き日も やがてかたぶき ありわびて 出でても行かむ 方はあらなくに

> わが宿の いばらのとげは 痛けれど なほいつくしむ 心はいかに

連休は飲み屋が開いてないので行くところがない、まじで。

カテゴリー: 未分類
にほんブログ村 酒ブログへ 居酒屋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA