桂園一枝 恋・雑

投稿者: | 2010年5月8日

> いかでかく 逢ふは夢なる ここちして つらき別れの うつつなるらむ

> 限りあれば ふじの煙も 立たぬ世に いつまで燃ゆる 思ひなるらむ

このころまで富士山は活動していたか。

> 世の常の 草の枕の 旅にのみ やつれたりとや 人は見るらむ

> すきまあれば ふたり伏す間も 寒き夜を いかに寝よとや 隔て初めけむ

> ふたつなき 命をかくる いつはりも なき世ならねば うたがはれつつ

> 疑ひの 心のひまぞ なかりける 我が身ひとつの 数ならぬより

> 我が背子が 棹取る池の 島巡り 濡らすしづくも うれしかりけり

> しづのをが うつや荒田の あらためて 作るにはあらず かへす道なり

> うつせみの 世にこがくれて 住む宿の 心に夢は ならはざりけり

> 山よりも 深き心の ありがほに 市の中にも 隠れけるかな

> 憂き世をば すみ離れても 山の井の みづから濁る 心をぞ知る

> 思ひ出づる ことも残らず 夢なれば さめしともなき 我が寝覚めかな

> あまりにも 背きそむきて 世の中の 月と花とに またむかひけり

面壁の達磨を。

> やまがつも うまき昼寝の 時ならし 瓜はむ烏 追ふ人もなし

> わがよはひ 昔の数に かへらめや この炒り豆に 花は咲くとも

節分の豆まきの歌を。

> 心には 何を怒るか 知らねども さへずる声の おもしろげなる

おそらくは鳥の鳴き声を。

> ゑのころは はやもあるじを 見知りけり 呼べば尾振りの うれしがほなる

「ゑのころ」は犬。

> 猫の子は 鼠取るまで なりにけり 何に暮らせし 月日なるらむ

猫の子に比べて自分は、という意味。

> 人うとむ かどには市も なさざりき 世をあきものと いつなりにけむ

> わづらはし いざ世の中に 隠れ笠 着つつや経なむ 雨降らずとも

> わびて世に ふるやの軒の 縄すだれ くちはつるまで かかるべしやは

若い頃に陋屋に隠れて住んでいて、故郷の友が聞きつけて、帰って来いと言われたときに詠んだという。

> 杣川に おろす筏の いかにして かばかり道は くだりはてけむ

> 空に散る 鳥の一羽の 軽き身を おきどころなく 思ひけるかな

> 樫の実の 一つふたつの 願ひさへ なることかたき 我が世なにせむ

> 石をのみ 玉と抱きて 歎くかな 玉はたまとも あらはるる世に

> 朝づく日 出でぬ先にと ひむがしの 市にあきなふ はたのひろもの

> 風の上に 立つ塵よりや 積もりけむ 空に離れし 不二のたかねは

> 老いにけり つひに心の 遅駒は 鞭打たれつる かひもなくして

カテゴリー: 未分類
にほんブログ村 酒ブログへ 居酒屋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA