思うに、

投稿者: | 2010年5月16日

風邪気味。
薄着で寝冷えしたせい。
三日目くらい。
薬飲む。

庭のバラがわさわさ茂る。
バラは草ではなくて樹木だが、枝は自分を支えるほど強くない。
しかもどんどん密生して互いに絡み合う。
垣根にうまく紐などで結んで形を作ってやらないといけない。
これから、六月頃にちょうど花盛りになるだろう。

浦島太郎のドキュメンタリー番組とか某掲示板のリレー短歌など見てふと思ったのだが、
平安鎌倉ならともかく江戸明治のことくらいなら、
現代人にもわかるはずだと思うのはやはり間違いであり、
現代人は基本的に江戸明治のことはわからない。
わからんのが当たり前、というところから出発しないとどもこもならんのだなと思った。
文語で和歌を詠むということ自体がある種わけのわからんことをしているという自覚が必要だ。

カテゴリー: 未分類
にほんブログ村 酒ブログへ 居酒屋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA