亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

Archive for 4月, 2012

中世歌論集

04.19.2012 · Posted in 和歌

最近、岩波文庫「中世歌論集」というのが復刻されたので、 新宿アルコットのジュンク堂が閉店するとき買ったのだが、 最初に出てくる俊成の古来風体抄、長くて何言ってるのかわかんない。 定家の毎月抄、これは短いのだが、やはり何言ってるのかよくわかんない。 頭にすっと入っていかない。 後鳥羽院御口伝、すげえわかりやすい。 なんでみんな後鳥羽院みたいに言いたいことをすかっと言わないのかな。

為兼和歌抄。 期待に胸ときめかせて読んでみたが、うーん、さっぱりわかんない。 やまと歌も漢詩も同じだとか、理屈は仏法と共通だとか、なんか観念的なことばかり書いてあって、 で結局何が言いたいのかよくわからんのだ。 天照大神、八幡、賀茂、本地垂迹、仏、菩薩、権現、仁徳、聖武、聖徳太子、みなよろしなどと書いてある。 で、最初に挙げられている例がよりによって釈教歌。 もちろん、釈教歌がすばらしいと言ってるのではない。 和歌も漢詩も仏教もその本質はみな同じだと言いたいのだ。 治世にも道徳にも幸福にも役立つなどという。 要するに万病に効く御利益のある薬か、八百万の神々みなよろしという論法。 なんという大風呂敷。なんといういんちき(笑)。 同じことは俊成も言っているから、こういう論法が当時の流行だったのだろう。

で、同語反復、或いは「先達のよまぬ詞」を詠む例として俊成、定家、西行、慈鎮などをあげ、俊成の

見てもまた思へば夢ぞあはれなる憂き世ばかりの迷ひと思へば

今日くれぬ夏の暦を巻き返しなほ春ぞとも思ひなさばや

を挙げている。一つ目の例は「思へば」を二度使っていて、二つ目は「暦」が先達よまぬ詞なのだろう。 それはそうと正しくは「今日暮れぬる」ではなかろうか。終止形で一旦切れてるともよめるが。 ああそうか、暮れたのは春なんだ。だから終止形で切れてて良いわけだが。

家隆

あふとみてことぞともなくあけぬなりはかなの夢のわすれがたみや

これも「なし」が同語反復となっているが新古今に採られた、と言っている。 他にもいろいろ書いているのだが、よくわからん。最後に

浅香山かげさへみゆる山の井のあさくは人をおもふものかは(あさき心をわれ思はなくに)

の「さへ」が余計だという人がいるが、いややはり必要だ、などと書いているのだが、 やはり理屈がよくわからない。 作者とされる采女は人妻だから人前に出るのがはばかれてうんぬん。なんじゃそりゃ。

それはそうとこの歌、浅香山の姿さえ映るほど浅い井戸と解釈する人もいるんだな。 それから、姿が映ってみえるくらいにきれいな山の井と解釈する人もいる。

思うに明治神宮に清正井というのがあるが、あれは井戸というよりはわき水だ。 わき水だから水面はごく浅い。 浅くて水があとからあとから湧き出している。 だから水は清い。 「ゐ」というのは、もともと水くみ場という程度の意味であり、 泉にも掘った井戸にも使われていたようだ。 いずれにせよ、浅い井戸だから水鏡としても使われているのであろうし、 そんな浅い井戸のような浅い心で思っているのではない、 浅香山は単なる「アサ」のリフレインと山の井の山のイメージ、と解釈すれば良いだけだと思うのだが、 どうも歌論というのは、そういう「ひさかたの」とか「あしびきの」とか「かげさへみゆる」だとか、 そういうどうでも良い語句の解釈にああだこうだとこだわるところがある。

岩波古語辞典によれば「あしひきの」とは「足がひきつる」とか「足がなえる」というような意味ではないかという。 もしかすると「びっこ」も同語源かもしれんな。「びっこをひく」とも言うし。 山を上り下りすると足が疲れるからね。

中世歌論集 はコメントを受け付けていません。

アルムおじさん一家の謎

04.17.2012 · Posted in 小説

アルムおじさんがドムレシュクに帰郷したときのことだが、 ハイジの日本語訳は割とまともなようだが gutenberg の英訳はあまり役に立たない。 それで(わからんなりに)ドイツ語を当たってみるのだが、

Dann auf einmal erschien er wieder im Domleschg mit einem halb erwachsenen Buben und wollte diesen in der Verwandtschaft unterzubringen suchen.

halb erwachsenen Bub とは「半ば大人の男の子」というのだから、小学校高学年くらいか。 この子供を親戚(Verwandtschaft)に unterbringen (宿泊させる、収容する)、というのだから、親戚に住まわせる、一時的に預かってもらう、 養育してもらうという意味であり、手放して親戚の養子にしてもらう、という意味ではあるまい。 そもそもそんな大きな、もうじき働ける子供を養子に出す理由がない。 子供のない家庭が跡継ぎに(或いは婿養子に)引き取りたがるならともかく。 大きくなって自分で働けるようになったら引き取ろう、それまでの報いは、後に金銭か何かでする、 というつもりだったのではないか。 高校生くらいになれば、立派に自分で働けるから、やはり、トビアスは、せいぜい13、14才くらい、 数年間だけ親戚のところに住まわせてもらおうくらいの感じではなかろうか。

ちうわけで、ニュアンスを少し変えてみた。 つまり、アルムおじさんはハイジやトビアスをやたらと親戚に預けたり手放したりする癖がある、 という見方をやめた。やはり、トビアスやハイジが可愛くて、できれば手元に置いておきたかった、 イタリアからトビアスだけ連れてもどったのも、妻とは別れても子供と別れたくなかった、 ということだろうと解釈してみる。 デーテがハイジを連れてきたときにもあれは一種のツンデレであって、孫はやはり可愛い。 一緒に住んでいるうちに愛着もわく。トビアスの時もだいたいそうだったのに違いない。 トビアスは帰郷時に12才ということにしてみた。 12才というと記憶も自我もはっきりしているから、もし母親と生き別れならば、 母親をよく覚えてもいたろうし、悲しかっただろうし、別れたくはなかっただろう。

アルムおじさんは二人兄弟の長男で次男は失踪してしまった。父母はなくなった。 ドムレシュクの親戚とはおそらく従兄弟(従姉妹)であろう。 何人くらいいたかわからぬが、全部に断られた。 もしかしたら弟が先に戻ってきていたかもしれん。 まあ、嫌われて当然だわな。

Die Frau muss eine Bündnerin gewesen sein, die er dort unten getroffen und dann bald wieder verloren hatte.

アルムおじさんの妻も同郷、つまりグラウビュンデン州の出身だったに違いない、unten というのはライン川の下流というのではあるまい。マイエンフェルトはグラウビュンデン州では一番北の外れで川下に当たるからだ。 unten は南の方、つまり上流のドムレシュクの方と考えるべきだが、 12年も15年も放浪していて、いきなりドムレシュクに帰ってきて、子供はでかいのに、妻がグラウビュンデンの人で、 素性もしれないとははて、どういうことだろうか。 しかもトビアスを産んですぐ死んだと言っているが、 仮にトビアスが12才だとして、その間息子と二人でどこをどうほっつき歩いていたというのか。 なんか設定が矛盾している気がする。

アルムおじさん一家の謎 はコメントを受け付けていません。

親子泣き別れの場面

04.14.2012 · Posted in 小説

アルプスの少女デーテをまた少しいじった。

アルムおじさんはナポリで事業に失敗して妻と息子のトビアスを連れて、イタリア半島を北へ北へと放浪しはじめる。 傭兵時代に知り合ったイタリア人たちを頼りながら。 しかし、どこも長くは滞在できず、ミラノまでくる。 アルムおじさんは妻とトビアスをイタリアに残して自分だけスイスに戻ろうとする。 妻もトビアスと一緒にイタリアに残りたいと思った。スイスには行きたくなかった。

アルムおじさんはトビアスに、自分と一緒にスイスに行くか、母と共にイタリアに残るかどっちかにしろと言った。 トビアスは親子が離ればなれになるのは嫌だと言った。どちらも選べなかった。 翌朝、母は行方をくらましてしまい、トビアスは仕方なくアルムおじさんと一緒にスイスに戻ることにした。

まあちょっとした愁嘆場を付け足してみたくなったというわけだ。

もともとは、トビアスがまだ幼い頃、ナポリに居たころにアルムおじさんは妻と別れて、 それから何年かトビアスと一緒にイタリア各地を放浪した、 だからトビアスは母の面影を知らない、という話だった。

なんかこの話なかなか収束しないな。

親子泣き別れの場面 はコメントを受け付けていません。

中島敦の日記と書簡

04.09.2012 · Posted in 読書

改めて中島敦の日記を読んでみたが、南洋の見聞と途中で日米開戦の話が挟まる程度であり、 肝心の、パラオに行く直前からパラオに滞在している間に、なぜあれほど著作を残したのか、 という部分は書いてない。 著作活動時期と完全に重なっているのに、残念なことである。 書簡の方が出版社とのやりとりがあったりして、まだましだが、それでもやはり肝心なことは書いてない。 病気や貧乏で小説で多少稼ごうかと思ったのだろうか。

中島敦の日記と書簡 はコメントを受け付けていません。

中島敦生誕百年

04.07.2012 · Posted in 読書

2009年が中島敦生誕100周年だったせいでこの年に中島敦に関するいろんな出版物が出ているようだ。 まったく知らんかった。

小谷野敦中島敦殺人事件

中島敦生誕百年で賑わう文藝ジャーナリズムに対して、あんなに寡作でしかも元ネタのある小説をいくつか書いただけの中島敦がそれほど偉い作家なのかという疑問を小説の形で書いたもの。

まったくその通りだ。 寡作とまでは言えないと思うが(実際の活動期間を考えれば、たとえば綿矢りさのほうがずっと少ない。 むしろ中島敦は死ぬ直前のごく短い期間に大量の作品群を執筆している、といえる)、 冷静に世の中に知られている作品だけで言えば、 「元ネタのある小説をいくつか書いただけ」なのであって、 こんなへんてこりんなことはない。 もっといろんな人が指摘すべきだと思う。

中島敦 生誕100年 永遠に越境する文学 図書館でチラ見しただけなのだが、一番最初に書いてた人が、 中島敦の作品が最初に載ったのは国語の教科書ではなくて漢文の教科書であり、 「弟子」が「論語」の日本語訳として採録されていた、これは私の発見だ、などと書いている。 当時、GHQ的には漢文教育自体は悪くない、論語なら問題ないと判断し(そりゃそうだ、何しろ戦勝国の中には中国がいたのだから)、 戦前の教材が軒並みやられた中で中島敦だけがGHQチェックを通った、ということのようだ。 だいたい、私の予測通りだな。

問題は、GHQが居なくなってもずーっと高校の国語教師が中島敦の漢文調の小説「だけ」を愛好し、 そのため教科書会社がなかなか彼の作品の掲載をやめられなかった、と言ってることで、 おそらく国語教師は、中島敦の小説をバーンと高校生にぶつけて、生徒が皆ショックを受けるのが面白くてしかたなかったのであろう。 そこで教師が得意げに解説すると、ははあ、やっぱり高校の先生ってすごいんだなあ、と思うわけだ。 はっきり言って、わかってない。中島敦のことがわかってない。 そういうちゃらい目的に使われては中島敦がかわいそう。

もし中島敦の霊が今の国語教育を見たとしたら半ば嬉しくもあり、しかし半ば落胆するだろう。

さらに深読みすると、中島敦は、南洋庁の役人として、現地人の教科書を作るためにパラオに赴任している。 それと、一連の小説を書いている時期がぴたりと一致している。 もしかして、「弟子」「山月記」「李陵」などの、漢籍に由来する作品群は、もともと、教科書に載せる教材として書いたものなのではないか。 パラオの人々に日本語や漢文を学ばせる、初等国語はともかくとして、やや高等な国語を学ばせる。 たとえばパラオ人の中から内地でも働けるような高級官僚を育てようと。日本とパラオの橋渡しができるような。 それには古典の教養が必要だ。 しかし、いきなり古典を読ませてもわからんから、かみ砕いた現代語に直してみよう。 そういうつもりで書いたのではなかろうか、そんな気がしてならない。 それが戦後、そのまま日本人の国語教育に使われたのではあるまいか。

しかし、中島敦は言っている、「戦時中で、食料も満足に調達できなくなってきているのに、教科書だけ多少立派にしてもなんにもならない。 むしろ、昔どおりの生活のままにほうっておいた方が彼らはどれだけ幸せかわからない。」 そして中島敦は教科書作りにだんだんと興味を失ってしまう。

でまあ、そう仮定すると、文章だけやたらと立派で、大してオリジナリティのない短編作品をなぜいきなり彼が書き始めたのか、 すとんと腑に落ちるのである。

中島敦生誕百年 はコメントを受け付けていません。

新井白石

04.06.2012 · Posted in 読書

新井白石は面白い人だとは思うんだけどね。

ヨワン・シローテも面白い人だから、新井白石と一緒に吉原にお忍びで遊びに行った、 そこでやはりお忍びで来てた将軍家宣とばったりでくわした、なんて話を書きたいなと思ったんだが、 キリスト教徒の世界では彼は殉教者か聖人のように扱われているらしいんだな。 だからどうにもいじりにくい。 ああいう世界とへんに関わりもって文句言われるのはやだ。

新井白石もいろんな人がもう書いてしまってるから、普通に書いてもうまみはないのよね。

後は、まったく架空の殉教者と架空の為政者とまったく架空の国をでっちあげてそこでファンタジーものにするとか。 ファンタジーもそういう目的であれば書いてみたいよね。 だが、新井白石とヨワンの話はできれば実名で書きたいよなあ。 ファンタジー仕立てにしておもしろみが却って益す場合と、全然そこなわれてしまう場合とあると思うんだ。

新井白石 はコメントを受け付けていません。

メディアリテラシー

04.06.2012 · Posted in 雑感

まあこんなことをぶつぶつ書いてもしょうがないのだろうが、NHKのニュースで、 手術前に点滴を打たなくても同じ成分の生理食塩水的なものを口から摂取してもよくなりましたというのをやっていた。 まあそれはよい。しかし、病院というところはたいていのばあい手術前だけでなくて、三日とか七日とかぶっとおしで点滴を打つものだ。 たまたま手術前に絶食して点滴する、それをしなくてよくなりましたというのは、 そうだな、一部の外科の患者だけのことであり(たとえば痔の手術などがその典型だろうか)、 それ以外の場合、長い長い闘病生活の中の一部に過ぎない。 むしろ、手術前は、食事を抜いて点滴を打って、 気持ちの切り替えをしたくらいでちょうど良いと思う。 手術というのはつまり電気メスなんかで体を切りひらくのであろう。 点滴の針を打つのとはわけが違う。

手術前に点滴を打つか打たないかというのは要するにそのくらい些細なことにすぎない。 まあお暇なら私の書いたもの(安藤レイ)でも読んでください。 闘病生活に関してはだいたい実話だから(笑)。

しかしそんなどうでも良いことをわざわざ大げさにものすごく画期的なことのようにデフォルメしてニュースにする。 なぜそんなことをするのか。だれがうれしいのか、そんなことをして。

たぶんこれを作ったプロデューサーは自分が入院したことがないのだろう。 私がインタビューを受けたら、きっと「そんな一度点滴をさすかささないかなんて誤差に過ぎませんよ。」 とでも答えるだろう。 しかし、そういう答えはニュース構成を破綻させるから没になり、私はめでたくテレビには映らないことになるだろう。

以前もなんか、癌か何かを早期発見するかしないかとかそんな話題があった。 見てる感じでは、まだ実験段階で、実用化されるには十年以上はかかりそうな話で、 しかも適用範囲がとても狭い。 そんなものをまるでプロジェクトXか何かのように報道していいのか。

NHKというのは国会で予算が組まれる国営放送なのだから、 他の民放などが利益のためにはやらせくらいは当たり前なのとは違って、 きちんと国民に対してメディアリテラシー教育を行う義務がある。 Aという「個人の感想」があればAとは反対のBという「個人の感想」を伝えねばならない。 しかし、報道に都合の良いAという意見だけを、皆同じ意見であるかのように作る。 そんな番組を作ってはいけない。

それから最近NHKは電波塔の話ばかり流しているが、地デジなんてものはそもそも不要であり、 電波なんて競売にして、それでも必要なやつが勝手に自分の金で電波塔を建てればよいのだ。 それをまるで国家プロジェクトでもあるかのように毎日のように報道しやがる。 やれ花見だやれ地域活性化だとか。 たかが電波塔に大騒ぎするなという意見、特に携帯電話などの業界の意見も採りあげるんならまだバランスが取れるかもしれんが、 まるで地デジや電波塔は国是でもあるかのような錯覚を起こさせる、プロパガンダ放送はやめるべきだ。

NHKがきちんと教育放送でメディアリテラシーの番組も流すならほめてやろう。 それも大学生向けとかではなく小学生くらいからばんばん教育するのだ。 そうすりゃ民放もずいぶん迷惑するだろうし、NHKの株はさらに上がると思うのだが。 だいたい国家や営利企業の言うことを鵜呑みにするから戦争になるのだ。 そういう大衆を扇動しかねないメディアがいかに危険かということをきちんと教育するのが、 不幸な戦争や事故を二度と起こさないようにするほんとうの方法だ。

ところで一部で話題になっている、受託開発を振り返って というネタだが、 思うに、 「コンシューマゲーム開発におけるモラル」(なんだそりゃ)というものがどんなものかは知らないが、

上司の機嫌一つでころころ指示内容は変わるし、実際スケジュールも容量も当初の契約の倍以上に膨れ上がりましたし、果てはそれを「フレキシブルな裁量」と胸を張る始末。

上司が仕様変更を認めちゃうんだから仕方ないよなあ。 自分ところの上司のせいだなそれは。 仕様変更を認めてあげるのもサービスのうちだと思ってるんだなその上司は。 じゃあ仕方ない。 商売の一つのやり方としてそんなサービスを提供するのは有りだ。 私はもちろん嫌だが。

ライターにもよると思いますが、私は何百枚、何千枚という原稿を書いても、「この一言を伝えたかった」という一瞬のために物語を書いています。けれどその一言(どころかシーン丸々)、小学生が書いた作文のような稚拙な文体で、薄っぺらい内容に改悪されている箇所が多々ありました。

それは、ライターなんだからしょうがないんじゃないの。 「小学生が書いた作文のような稚拙な文体で、薄っぺらい内容に改悪」というのはしょせん主観に過ぎないし。 ていうか、プロのライターのくせにそんなくらいの妥協・打算も経験したことがないのか、 そのほうが不思議だ。

評価は気にする必要ありません。売れた本数が全てです」と豪語されて

それは、「豪語」ではないよな。 小学生みたいな文体にした方が受けるとプロデューサーが判断したまでではないのか。

いずれにしても、多少クリエイティブな業界にシンパシーを感じている人間にとっても、 共感は得られない話だなあと思った。 そんな話はいくらでもあるし。 こちとら毎日NHKのニュース見ててもいらいらしてんのに。 もうニュースすら見ない方がいいのかな精神の平安のためには。 まして民放のバラエティなんて見ようもんなら発狂しそうになる。

中島敦ですらあの程度の扱われ方しかしてない。 まして普通のライターや作家がどんな目にあってもおかしくないわな。

メディアリテラシー はコメントを受け付けていません。

大東京トイボックス 8

04.05.2012 · Posted in マンガ

読んだ。

相変わらず暑苦しい話(良い意味で)。

SNSゲームと法規制の話にどんどんつっぱしっていく気がする。

大東京トイボックス 8 はコメントを受け付けていません。

還暦

04.05.2012 · Posted in 雑感

ちきりんが還暦とは、もうそんな年なんだと思ったが、 しかし、四月一日のエントリなので嘘かもしれない。

あ、やっぱり最後にネタバレが書いてある。

還暦 はコメントを受け付けていません。

西洋紀聞

04.05.2012 · Posted in 読書

新井白石「西洋紀聞」は大して面白くなかった。 最初面白いかと思ったが、イタリア人(ローマ教皇領の人らしいから当時はローマ人、か)と新井白石が、 日本人のオランダ語の通訳を通して意思疎通をしているというところからして、まあむちゃだな。 しかも、オランダとローマは日本で言えば長崎と陸奥くらいだからなんとかこうとか通じるとか、まあ、 無茶だ罠。 オランダ人とドイツ人でも書き言葉くらいでしか通じないだろうし、 イタリア語とオランダ語では、よほど教養がある人じゃないと通じないだろうし (両方ともラテン語でしゃべれるとかならわからんでもないが)、 しかも片方はオランダ語を学んだ日本人というにすぎない。

たぶん新井白石的には本人から聞いたというよりはいろいろ知識を日本人からも中国・朝鮮人からも聞いて補完したのだろうと思う。

「折りたく柴の記」の方は最初の方は自分の親や祖先の話ばかりで死ぬほどつまんなかったが、後半はやや面白いように思えた。 ゆっくりと、辛抱強く読むことは可能かも知れん。 「藩翰譜」もちらっとみたが、これは電話帳みたいなもんだから、何か目的を持って読まないと読めないだろう。 こういうのを読むくらいならば、「徳川実記」でも読んだほうがまだ面白いのではなかろうか。 「三河物語」を面白く読める人なら素質はあるかもしれん。

そういう意味では新井白石の書いたものの中では今も入手が容易な岩波文庫の「読史余論」が一番面白いと思われる。 が、これを面白いと思える人というのは頼山陽の「日本外史」と「日本政記」を読んで、 たとえば後三条天皇について新井白石はどう考えているかとかそれについて頼山陽はどう評価しているかとか、 そんなことに興味を持つひとくらいだろうなと思う。 「日本外史」はそれなりに面白い読み物(軍記物に近い)だが、「日本政記」と「読史余論」は純粋な「史論」 なので、それも江戸時代の儒学者が書いた史論だから、ま、人によるだろうな。

切支丹屋敷に幽閉され新井白石が吟味したイタリア人の名は、ヨワン・バッテイスタ・シローテ (ジョヴァンニ・バッティスタ・シドッティ(Giovanni Battista Sidotti)と言い、ローマン、パライルモ人とあるが、 パライルモというのはパレルモのことのようだ。 パレルモはローマンに隷する地名、とあるが、当時のパレルモはシチリア王国の一部のはずであり、 シチリア王はスペイン・ハプスブルク家だったから、スペイン領だったはずだが、 スペイン・ハプスブルク家はまもなく断絶し継承戦争の結果スペイン・ブルボン家になるが、 シチリアはサヴォア家が領有することになった。ややこしい。 シローテが日本で捕まったときはスペイン継承戦争の真っ最中であり、シチリアの帰属ははっきりしてない。 少なくともローマ教皇領ではない。 その後サヴォア家はシチリアとサルディーニャをスペイン・ブルボン家と交換する。 以来、シチリアは両シチリア王国が滅びるまでスペイン・ブルボン家の分家が治めることになる。

シチリア王国の公用語はラテン語とシチリア語であり、シチリア語はイタリア語の方言というよりは、 ロマンス系の姉妹言語という位置づけらしい。 イタリア語で「ジョヴァンニ」と言い、ラテン語ではおそらく「ヨハネス」とかで、 シチリア語では「ヨワン (Jovan?)」と言った可能性はあるだろう。 新井白石の聞き違いではあるまい。 「ウォアン」「ギョワン」などとも聞こえると書いてある。 「ギョワン」が一番イタリア語の「ジョヴァンニ」に近いなあ。 パレルモはシチリア語では「パレルム」または「パリエンム」などと言うらしい。

思うに、本人が「ヨワン・シローテ」と名乗っているのだから、彼が現在から見ればイタリア人だからという理由で、 イタリア語で「ジョヴァンニ・シドッチ」と言う名前で呼ぶのはどうかと思う。 当時はそもそもイタリアという国はなかったのだし。 同じことで、シチリア王国の始祖をルッジェーロなどと言うが、彼はもともとノルマン人なのだから、 ノルド語風に、ロジェール、などと呼ぶのが正しいのではないのか。 同じことは、バルドヴィンをフランス語風にボードワンと呼ぶのも同じ。 ヨーロッパの国々がそれぞれの国の呼び名で呼ぶのは間違いではないとして、 日本人がたまたま今のヨーロッパのそれぞれの国の言葉に合わせるのはおかしい。

西洋紀聞 はコメントを受け付けていません。