お多福の磁気付健康サンダル

お多福の磁気付健康サンダル

医療用具製造業許可番号36BZ0028

製造・販売元: お多福産業株式会社
徳島市新南福島2丁目4番25号
TEL 徳島 (088) 653-7711

販売名: 磁気付健康サンダル

接触部磁束密度: 70mT~110mT(1個あたり)の永久磁石を1足に6個装着。

使用上の注意

  1. 本製品は、履物以外の目的に使用しないでください。
  2. 使用に際して不快感がある場合にはおやめください。
  3. 本製品は、磁気効果を目的として作られたものですから、
    1日7時間以上ご使用にならないと効果が認められないことがあります。

お多福の健康サンダルはおそらく1970年代にテレビCMなどで急速に普及したが、
類似品に圧倒されて本家お多福は一時倒産に追い込まれたものの、
今でも細々と売られている。
初期の健康サンダルは「デコピカマグネット」などと言って、
指圧効果があるとされるいぼがたくさん並んでいたように思うのだが、
今ではつるっとしている。
常用するにはあまりにも履き心地が悪かったからではないか。
今でもいぼがいっぱい付いた健康サンダルもどきが売られているようだが。
健康サンダルの末裔は今ではベランダサンダルとしてそれこそ二束三文で売られている。

私は子供の頃から健康サンダルを愛用しているが
いろいろと不満もある。
磁石は砂鉄が付いたり取れたりするからむしろなくても良いと思うし、
足の裏の部分に張ってあるシールなどはがれやすく汚いし、
つま先部分が折れて切れやすいし、
サンダルのかかとの部分の隙間に小石が挟まりやすいとか。
しかしそれでも健康サンダルは履き心地最高。
ほかのサンダルを履きたいとは思わない。
たまに他のサンダルを履くとたちまち足が痛くなりまめができる。
サンダルのデザイナーには良心の呵責というものはないのだろうか。
ホーキンスのサンダルはなんか暑苦しそうだし。
昔はカリプソタイプ(鼻緒が付いてるやつ)の健康サンダルもあったのだが、
今では入手できない。
もし手に入るなら10足くらいは買いだめするだろう。
私は、かつてお多福磁気付健康サンダルがあれほど売れた本当の理由は、
履き心地がそれまでのサンダルに比べて遙かに優れていたからではないかと思う。
もっとうまいやり方があったんじゃないかなあ。

おおっ。
ネットを探していたら

こんな画像

が。
私が最近履いているのは「紳士オリジナル」というもので、
結構好きだったのは「紳士ニューカリプソ」というものだったようだ。
「紳士クロス」というのも見かけたような気がする。

むむ。こちらが
お多福産業本家か?
サイズにLLがあるのは「オリジナル」だけなのか。

Visited 10 times, 1 visit(s) today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA