結城氏と小山氏の関係を調べていて気づいたのだが、
結城直朝の幼名は「犬鶴丸」。
小山義政の息子に「若犬丸」(元服前に死んだか)。
小山朝郷の幼名は「常犬丸」。
小山持政の幼名は「藤犬丸」。
小山氏郷(の子?)「虎犬丸」。
氏郷が若死にしたので山川家から成長を養子をもらい、成長の幼名が「梅犬丸」。
成長は小山泰朝の曾孫。

つまり、結城氏と小山氏には「某犬丸」「犬某丸」という幼名が一般的だったらしい。
そういう幼名を付けた他の武家の例がないわけではないが、
特に結城・小川氏に多い。
結城と言えば結城合戦。
「八犬伝」と無関係ではあるまい。
つまり犬の名を付けるのはもともとは安房ではなく下野、いや常陸の風習だったということだ。
いやいやいや、小山は下野で結城は常陸だわな。
ややこしい。

小山氏と結城氏の家系は養子縁組ばかりでよくわからん。
資料もあるようでないようで。
今も小山市と結城市は隣どうし。JR水戸線でつながれている。
なんか面白いな。
一度行ったことあるがすごい田舎だ。

だんだんわかってきた。
源平合戦のころ頼朝についた武将に小山朝光があり、
彼が結城朝光を名乗る。
つまり結城氏は小山氏から分かれた。
小山氏は藤原秀郷の子孫でもとは太田氏らしい。
だが、朝光の父政光くらいまでしか確かにはたどれないようだ。
要するに小山氏も結城氏も同族で頼朝の時代に、
その住む場所によって家名が二つに分かれた、ということだな。

朝光は頼朝が烏帽子親となって元服する。
頼朝の命で義経に腰越で鎌倉入り不可の口上を伝える、
とあるから、まあ、頼朝の寵臣だったらしい。

時代は下って、
小山義政が鎌倉公方足利氏満に謀反を起こして小山宗家は断絶。
分家筋の結城家から小山家に養子泰明を迎えて家督をつなぐ。
逆に小山泰明から結城家に養子氏満を迎えて家督相続。
結城氏満が結城合戦の主役で、
氏満の子成朝が江ノ島合戦や享徳の乱の主役、というわけだ。
ふー。

そういや義経の幼名は「牛若丸」。
「丸」は「麿」「麻呂」なんだよな。
蝉丸とか。猿丸とか。人麻呂も人丸と言ったりする。
基本的には人の名、それも、万葉時代から前の名の名残なんだろうな。

「牛若丸」「犬若丸」があれば、「虎若丸」「熊若丸」「鶴若丸」「亀若丸」「馬若丸」、
「松若丸」「梅若丸」「藤若丸」「菊若丸」なんてのもあったんだろうが、
どうやって調べれば良い。

ていうか頼朝が鎌倉に幕府を開いたことによって、
それまで名字をもっていなかった、
或いは持っていたけどよくわかんなかった人が、
御家人となり、名字を持つようになって、
やっと武家というものが生まれたのだろう。
それまでは、そもそも庶民には名前がなく家系もなかった。
と、考えると頼朝はすごい。
奥州藤原氏とか、その前の清原、阿倍氏なども、
みな京都の貴族の名を借りただけで、ようは、名字なんてただの飾りだったのだろう。
三河介みたいなもんで、勝手に自分で名乗ってた。

Visited 17 times, 1 visit(s) today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA