実朝の真作かもしれない。

投稿者: | 2010年1月5日

> ものゝふの矢並つくろふ籠手の上に霰たばしる那須の篠原

この歌は定家本系統には無いが、貞享本にはある。
なので実朝の真作かもしれない。

> 宮柱ふとしき立てて万世に今ぞさかえむ鎌倉の里

こちらも同様。

だが、未だにかなり疑問もある。

実朝歌拾遺というのはつまり、
定家本には無くて貞享本にある64首、という意味なんだなきっと。
ここには割と良い歌がそろってるんだよね。
どうしたもんかな。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA