葡萄野生種

投稿者: | 2010年11月10日

葡萄の野生種には、
中央アジア原産の[Vitis vinifera sylvestris](http://en.wikipedia.org/wiki/Vitis_vinifera)、
アメリカ原産の[Vitis california](http://en.wikipedia.org/wiki/Vitis_californica)と
[Vitis girdiana](http://en.wikipedia.org/wiki/Vitis_girdiana)があるらしい。

Vitis vinifera は sylvestris から作られた栽培種。雌雄同体株。
sylvestris は雄株と雌株が別なので、昆虫や風によって受粉する。ふーん。

日本古来の葡萄「エビヅル」も雄株と雌株が別々なのだそうだ。
そういえばヘチマなども雄花と雌花が別だったような。しかし同じ株からどちらも咲くよな。
野生種が栽培種になることで、雌雄異体が雌雄同体になったりするんだろうか。不思議な話だわな。

カテゴリー: 未分類
にほんブログ村 酒ブログへ 居酒屋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA