江戸の繁華街

思うに、家康入府以前に、江戸城から浅草を通って奥州に通じる奥州道というものはあった。
また、岩槻道というものが整備されて中山道となった。
岩槻道と奥州道が交わるのは日本橋・大伝馬町・小伝馬町・馬喰町辺りだっただろう。
もっとピンポイントに言えば現在の「室町三丁目」「本町三丁目」辺りだろう。
ここらは室町・戦国時代にすでに交通の要衝であり、旅籠屋や問屋、運送屋、廻船問屋などがあったはずだ。
この、江戸城から浅草までの間が江戸の一番古くからある繁華街であって、
家康はごく初期の段階にここをそのまま利用したと思われる。
天下普請が始まったのはもっと後からのことだろう。

Visited 47 times, 1 visit(s) today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA