実朝

とにかくにあればありける世にしあれば無しとてもなき世をもふるかも

あふひ草かづらにかけてちはやぶる賀茂の祭を練るや誰か子ぞ

八百よろづよもの神たちあつまれり高天の原にきき高くして

神風やあさひの宮の宮うつしかげのどかなる世にこそありけれ

端垣の久しき世よりゆふだすきかけし心は神ぞ知るらむ

ひなざかるこしの国辺にありしかば奈良の都も知らずになりにき

われのみぞ悲しとは思ふ波の寄る山の額に雪の降れれば

夕月夜おぼつかなきを雲間よりほのかに見えしそれかあらぬか

老いぬれば年の暮れゆくたびごとに我が身ひとつと思ほゆるかな

桜花咲きてむなしく散りにけり吉野の山はただ春の風

あづさ弓いそべにたてる一つ松あなつれづれげ友なしにして

道遠し腰はふたへにかがまれり杖にすがりてぞここまでもくる

歎きわび世をそむくべき方知らず吉野の奥も住みうしといへり

いづくにて世をば尽くさむ菅原や伏見の里も荒れぬといふものを

ひむがしの国にわがをれば朝日さすはこやの山のかげとなりにき

わが国のやまとしまねの神たちを今日のみそぎに手向けつるかな

身に積もる罪やいかなる罪ならむ今朝降る雪とともに消ななむ

神と言ひ仏と言ふも世の中の人の心のほかのものかは

見てのみぞおどろかれぬるぬばたまの夢かと思ひし春の残れる

空や海うみや空ともえぞわかぬ霞も浪もたちみちにつつ

はかなくて今宵明けなば行く年の思ひ出もなき春にや逢はなむ

世の中は鏡にうつるかげにあれやあるにもあらずなきにもあらず

ちぶさ吸ふまだいとけなきみどりごとともに泣きぬる年の暮かな

神風や朝日の宮の宮うつしかげのどかなる世にこそありけれ

かくてのみありてはかなき世の中を憂しとやいはむあはれとやいはむ

いとほしや見るに涙もとどまらず親もなき子の母をたづぬる

物いはぬ四方のけだものすらだにもあはれなるかな親の子を思ふ

たづのゐる長柄の浜のはまかぜによろづ代かけて波ぞ寄すなる

今朝みれば山も霞みてひさかたの天の原より春は来にけり

黄金掘るみちのくの山にたつ民の命も知らぬ恋ひもするかも

山は裂け海はあせなむ世なりとも君にふたごころわがあらめやも

なんかすげー歌。甲斐バンドのヒーローみたいだな。
ていうか実朝天才。
実朝は武家の棟梁だったから公家には忌み嫌われていて評価が低いんだな。
すげーよまじで。
万葉集をむさぼり読んだというが、その影響も見える罠。

Visited 42 times, 1 visit(s) today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA