投稿者: | 2017年1月10日

某G社だが、普通の作家の本も出しているが自費出版に力を入れている。
普通の作家の普通の作品は呼び水だとみて良い。
で、G社が某タレント本をだしたが、その作家は自費で1万部買い取って自分で売ったという。
で、そのやり方をもてはやしているメディアもあるのだが、

これでG社としてみたら、自費出版して1万部も買い取ってもらえれば大喜びなわけである。

で、タレントも一種の炎上商法を兼ねている。
だいたいタレント本ほどどのくらい売れるか読みやすい本はあるまい。
普通に売るよりも、すこし話題性を持たせる広報をうっただけだろ。

どうみても100%やらせとしか思えない事例だ。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA