丸括弧の最後の句点の省略について。

投稿者: | 2011年4月16日

たとえば、

> 私はこれこれと思った(たいへん困ったことではあったが)。

とは書くけど、

> 私はこれこれと思った(たいへん困ったことではあったが。)。

とは書かない。たぶん、英文でもそうだ。
丸括弧の場合には、センテンスの中にセンテンスが埋め込まれた形になり、
どちらも独立したセンテンスであるから、最後に句点なりピリオドを打つのが理屈しては正しいが、
句点が二つ並ぶのはいかにも目障りだから、括弧の中の句点を省くのであろう。

しかし、セリフに使うカギ括弧の最後の句点を省くのは、やや意味が違う。
昔、小学生の頃、句点と閉じカギ括弧を原稿用紙の同じマスに書くよう指導されたことがあるような気がする。
複合した記号のように解釈していたということかな。

まれには、

> 私はこれこれと思った。(たいへん困ったことではあったが)

とか

> 私はこれこれと思った。(たいへん困ったことではあったが。)

と書くこともあるかもしれん。あまりよろしくはないが。

カテゴリー: 未分類
にほんブログ村 酒ブログへ 居酒屋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA