雍正帝

投稿者: | 2003年7月17日

宮崎市定の「雍正帝」という本を読むと、

> 康煕帝はどこまで漢文化に対する理解があったかは別として、
しきりに文化事業を起こして大きな書物を編纂させた。
その十中八九は徐乾学が編纂の総裁官であったというが、
そのたびごとに弟子を編纂官に任用し、事業が終わると部下は恩賞を受けて大官に抜擢され、
或いは試験官となって地方に赴く。
芋蔓式に目に見えない広範な組織が出来上がるわけである。

とある。
康煕時代の文化事業といえばまず康煕字典だが、
そもそもなんのために康煕字典というものが作られたかということなど考えたこともなかった。
康煕帝は文武両道に秀でた名君だとみんなが漠然と考えるところだが(陳舜臣もそう考えたらしい)、
満州から移り住んで間もない康煕帝が自分の意志で漢和辞典なぞ作ったはずはなかった。
学者連中が自分の学閥を肥え太らせるために、
喧嘩は強いが無教養な天子様からお金をせびったのである。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA