椿三十郎

投稿者: | 2000年8月30日

ラストシーンで,お互い立ったまま向き合って抜き打ちで勝負を決するのがあるが,あれは明らかに西部劇の決闘シーンの影響だろう.
あのような「立ち合い」が一般的であったとは思えない.
居合は「後の先」と言って先に抜かせることを良いことのように言ったりもする.
これは西部劇にもある考えだが,向こうのは正当防衛ということをいいたいのだろうか.
日本に正当防衛という考え方があったのだろうか.
ちょっと信じられない.

追記: 居合いは、不意打ち、だまし討ちのたぐいであって、
つまり暗殺剣の集大成であって、
あのように立ち会いで使われたとは、やはり信じがたい。
少なくとも、一対一の決闘というものが、もし起こりえたとしたら、
きっと江戸時代になった後だろうが、それすらあったとは思えない。
やくざの出入りだって集団戦だったはずだし、
喧嘩に勝つには必ず加勢を頼むものだ。

一対一というのはやはりマカロニウェスタン的演出だろう。

カテゴリー: 未分類
にほんブログ村 酒ブログへ 居酒屋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA