犬が嫌いだ

年取ると怒りっぽくなるというが私はまさにそれだと思う。

昔は散歩が好きだったが、
今は道を歩いていると車や自転車や他の歩行者や道路行政に腹が立ってしょうがない。
もっと車が少なくて、歩道が広くて、自転車がいないところ、
自転車がいてもいいが坂が少ないところが良い。
下り坂の自転車ほどいらいらするものはない。
坂を登っているときは自転車が前から下りてくるから良いが、
坂を下っているといつ後ろから追突されるかとびくびくする。
だから住むとしたら坂がないところが良い。
コクリコ坂とか最悪だ。
雨が降ると自転車がわいてこないのですこし気持ち良い。

自分のせいではないが図書館が混んでいて、
人から押されるともう図書館で並ぶのがいやでいやでたまらなくなる。

開かずの踏切で殺意がわくのだが、そもそもそういう踏切に近づかなければ良いわけだ。
関わらなければ存在しないのと同じだ。
いちいち腹を立てても仕方ない。
というより不快な気持ちになるのは損だ。
損はしたくない。

近所の犬が毎朝鳴く。屋内で飼っているようだが、近いのでどうしても聞こえる。
一定間隔で何分でも鳴いているのは飼い主を起こそうとしているのだ。
飼い主詩ねとか思う。
もともと犬がいなくてもいつ隣が犬を飼うかもしれぬから人間社会は恐怖だ。
法律でどうにかしてほしいがそのために政治活動をするなんてめんどくさすぎる。

タバコも犬もそうだが、昔は別に気にもしていなかった。
しかし何十年もタバコや犬で嫌な思いをするとある日からもうどんなに煙が薄かろうが遠くで鳴いていようが、
気に障って許せなくなる。
それは花粉症なんかと同じで一種のアレルギーなのだ。
年を取ればとるほどそういう精神的アレルギーが増えていく。
それを上回るほど楽しいことは増えない。

最近は酒を飲んでいてもいらいらするのでもう逃げ場がない。

今年50だが定年まであと15年も働くのかと思うと絶望的になる。
私の周りには仕事が好きな人が多いのだが、私には理解できない。
仕事が嫌いというよりは、今のポジションにいるのが苦痛なのだろう。
私をもっと必要としている職場はほかにある気がする。
私がもっと楽しく仕事できるところはほかにある気がする。
同じ仕事を続けていると仕事自体が私にはアレルギーになるようだ。

割と軽く考えていたが、私の症状は思ったより重いかも知れない。
いつまでもつだろうか。

精神的には、本が売れればかなり助かるだろうと思う。
売れるとは限らないのが問題だ。
本を書いている間は割と気力がもつが、
書き終わると一種の喪失感がある。依存とか離脱のようなものだ。
執筆活動もあまり自分を追い詰めるのは良くない。

Visited 42 times, 1 visit(s) today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA