六帖詠草

投稿者: | 2010年5月10日

蘆庵の六帖詠草を読み始めたが、
ほんとうにただのただごと歌もたくさん混じっていて、
しかも詞書きが長いのが多く、中にはもう延々と長いのもある。
眠気を催すほどだ。
どれをというのではないが、

> うづまさにあるほど、夕つかた風吹き荒れて、高き木の枝折れ、瓦も散りて、いとすさまじき暮れ

> 瓦さへ 木の葉と散りて ふる寺の 野分けの風に またや荒れなむ

あるいは

> 太秦に住む頃、ほととぎすのひねもす鳴くをりから、京より文おこせたるかへりごとに

> ほととぎす 声の袋に 入れられば けふの使ひの つてにやらまし

あるいは

> 岡崎に移りてのち、隣に人の笑ふを聞きて

> 何事を 笑ふと我は 知らねども 泣く声よりは 聞き良かりけり

どれもこれも、ああ、そうですね、としか言いようがないわな。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA