順徳天皇

投稿者: | 2010年1月3日

> 山がつの園の垣ほの梅の花春知れとしも植へずやありけむ

山に住む田舎者の庭に梅の花が咲いているが、春を知っているとしても、無骨なので、植えなければ良いのに、
と言う意味か。

> 暁と思はでしもやほととぎすまだなかぞらの月に鳴くらむ

ここでも「しも」を使っているが、明け方と思わないで欲しい、まだ月が中空に残っているのに、
という意味か。

やはり田舎の景色を詠んだものに面白いものがある。

> 難波江の潮干の潟や霞むらむ葦間に遠きあまの漁り火

> 明石潟あまのとまやの煙にもしばしぞくもる秋の夜の月

> 明日もまたおなじ夕べの空や見む憂きにたへたる心ながさは

> 憂しとても身をばいづくにおくの海の鵜のゐる岩も波はかからむ

> 蝉の羽のうすくれなゐの遅ざくら折るとはすれど花もたまらず

> 山川の氷も薄き水のおもにむらむらつもる今朝の初雪

カテゴリー: 未分類
にほんブログ村 酒ブログへ 居酒屋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA