亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

01.12.2017 · Posted in 雑感

しばらくツイッターの固定表示でカクヨムへリンクしてたのだが、 ほとんど誰も読まないことがわかった。 たぶん、私が書いたものは何でもとりあえず目を通すという奇特な人は3人くらいしかいない。 無料だろうとなんだろうと。

だから、私が書いたものを読者に読んでもらう、読ませるためには、 まったく別の努力をしなくてはならない。

洋物のKDPの新着無料タイトルを見てみるとレズビアンものばかりだ。 内容は、よく読んでないが、かなりロコツなもののようである。 これが日本のKDPになると、あんなふうな感じになるわけだ。

何を書けばよいのだろう。 正直悩む。 『エウメネス』の続編を書けばある程度は売れるだろうと思う。 そして私としては、それは、ギリシャ古典とかギリシャ哲学とかいう「ギリシャ神話」を完全に破壊するためのものにするつもりでいる。 そのために、ディオゲネスとアリストレテスをペルシャ風の僭主として描こうと考えている。 ディオゲネスはアナトリアのシノペの出身であり、彼の思想はたぶんインドかペルシャから伝わってきたものだ。 当時のギリシャ人、とくにアテナイ人がディオゲネスを理解できなかったのは当然で、 逆に、アレクサンドロスはある程度までディオゲネスを理解したはずだ。 アレクサンドロスの思想はかなりペルシャに近い。 そしてアリストテレスはまあ間違いなく、アナトリアの僭主の養子であって、 アレクサンドロスの家庭教師になったのも、おそらくはアレクサンドロスがアナトリアに進出する意図を持っていたことと無関係ではないのだ。 ここまではある程度史実に沿っている、と思っている。 だがそこから先もっと脚色して、暴れさせる。 エウメネスはアリストテレスの遺志を継いでアナトリアの僭主となる。アレクサンドロスのディアドコイ、というよりは。 そういう構成になるだろう。

アリストテレスはアレクサンドロスの家庭教師だったから有名なのにすぎない。 アリストテレスの百科事典なんてものは完全に後世の捏造だ。 前にも書いたが、アリストテレスの本名はニコマコスで、ニコマコス倫理学だけがかろうじて、 彼自身か、彼の父か、彼の子か、あるいはその三代で書き残したものであろうと思う。 プラトンの出自に関して言えばほとんどすべて空想の産物だ。

クセノフォンという人はいた。ペルシャのキュロス王子の傭兵となったクセノフォンという人が。 彼はソクラテスの弟子だっただろう。しかし、クセノフォンの著作が彼自身によるものかどうかはかなりあやしい。 アナバシスは口述筆記のようなものだったはずだ。 それ以外の彼の著作はおそらく他人がまとめたものだ。 プラトンの著作も、アリストテレスの著作もおそらくそう。

当時のデモステネスとかイソクラテスは確実に存在した弁論人であり、 イソクラテスは当時としては完全な学者だった。 だがイソクラテスの人気も知名度も非常に低い。なぜか? 公の場で弁論したこともなく、その書簡もほとんどが信用するに足りない。 あとからにいくらでも偽造可能な証拠しかないのだ。

当時、アテナイに住んでいて、 アテナイのエクレシア(民会)と完全に没交渉でいられた学者や言論人がいたはずがない。 だから、もし実在するのであれば、エクレシアとのなんらかのインタラクションが記録に残ってなくてはならない。 イソクラテス、デモステネス、ソクラテスにはある。 ディオゲネスにはたぶんあると思う。 ディオゲネスはテーバイの娼婦との関係などの逸話が多く残る。アレクサンドロスと会ったのもたぶん事実だろう。 しかしプラトンとアリストテレスにはない。たぶんまったくない。逸話の断片すらない。 プラトンはソクラテスの裁判に出席していたという。ほんとだろうか。 プラトンが実在していたとしても、アテナイにはいなかったとしかいいようがない。

プラトンというのは、反イソクラテス学派(おそらくは親デモステネス学派)全体、多くの無名の学者の総和をひとりの人格で表したものだろう。

ほかのひとがどうかはしらんが私はまあ、基本的に、書き手の書きたいものと読み手の読みたいものが合致した場合に読めば良いという考え方だ。 私が読んできたものはだいたいそういうものであったと思っている。 だからそれ以外の読み方も読ませ方もしないつもりだ。 そして PPAP みたいになんかわからんが偶然売れる可能性が0でないのなら書き続けてみようというだけのことだ。

コメントを受け付けていません。

01.12.2017 · Posted in 雑感

通勤というものがいやで、特にラッシュ時の通勤が嫌でたまらない。 ラッシュ時に通勤しないですむように、 また通勤回数を減らすために、 もう少し頻繁に職場に泊まろうと考えている。

ところで職場に泊まるときにときどき配管が異様にうるさい。 天井板がはまってなくて配管が剥きだしなのだが、施設の人に苦情をいったら、 それは熱交換器というものであるという。

この熱交換器というもの、暖房のときと冷房のときで熱媒体(冷房のときは冷媒)を交換するのだという。 熱媒体を暖房のときと冷房のときで別の液体に交換することによって節電になるというわけらしい。 その熱媒体を交換するときに配管で耐えがたい騒音が出る。 でまあ、いろいろ試してみると、 24時間ずっと暖房を入れっぱなしにしていればこの媒体の入れ替えが発生しないので、 そうとう快適になることがわかった。 廊下で盛んに音がしているときも、居室の中は音がしない。 でも、暖房を切るとまたなりだすわけです。

なんでそれがわかったかといえば、今日は一日中寒かったので一日中暖房を入れていたら、 一度も熱交換器が騒音を出さなかったからなんですよね。 なので居室にいるときは24時間ずっと暖房を入れることにします。

まあ、いわゆる室内機のファンの音も、比較的にうるさくないとはいえるが、うるさいっちゃうるさいので、 寝るときは切りたいのだが、それもできない。

それにしても、誰もいなくて、空調を使ってないときにも、この媒体の入れ替えというのは発生しているらしいんだが、 こいつ「アホなのか?」と思ってしまう。 ほんとに節電になっているのだろすか。 思うのだが、もしかすると、運転切り替えではなくて、室温の高い低いによって、 「自動的」に媒体を入れ替えているのではなかろうか。 だから室温が高くなりすぎると、冷房用の媒体に切り替えるとか、 室温が低くなりすぎると、暖房用の媒体に切り替えるとか、そんなあほなことをやっているのではないのか。 夏はずっと冷房の媒体を入れ、冬はずっと暖房の媒体をいれておけばよいではないか。 そのくらい集中管理でできないのか? それとももしかすると、すでに暖房の媒体が入っているのに、暖房を切ったり入れたりするたびに媒体を入れ直そうとしているのだろうか。 そんな馬鹿じゃないと信じたいが。

世の中いろいろ要らないものが多すぎる。特に電力系。 ガスはそんなうるさいやつはない気がするのだが。 やっぱ電気じゃなくてガスを使いたいが、もう年寄りなのでガスは怖い。 将来的にはキッチン周りは電化すると思う。 でも風呂と暖房はガスで良い気がします。 エコキュートとか深夜電力とか嫌い。

コメントを受け付けていません。

01.10.2017 · Posted in 読書

某G社だが、普通の作家の本も出しているが自費出版に力を入れている。 普通の作家の普通の作品は呼び水だとみて良い。 で、G社が某タレント本をだしたが、その作家は自費で1万部買い取って自分で売ったという。 で、そのやり方をもてはやしているメディアもあるのだが、

これでG社としてみたら、自費出版して1万部も買い取ってもらえれば大喜びなわけである。

で、タレントも一種の炎上商法を兼ねている。 だいたいタレント本ほどどのくらい売れるか読みやすい本はあるまい。 普通に売るよりも、すこし話題性を持たせる広報をうっただけだろ。

どうみても100%やらせとしか思えない事例だ。

コメントを受け付けていません。

01.08.2017 · Posted in kindle

kindle のプライスマッチだが、 2016年以降でも、 してもらえなかったとか、途中で切られたという人もいて、だんだん不安になってくる。 で、そういう人の作品を kobo や bw で探してみるとすでにもう存在しないようだ。 いったいどうなってるのだろうか。

私はだいぶ精神的にうたれ弱くなった。 酔っ払って変な歌をtwitterで呟き始めた頃からもうダメだったのだが、 ますますダメになっていく。 昔から他人とのもめ事はあったのだ。 しかし今は、人に責められたり、人に怒られたりすることに耐えられなくなった。 人は怒ったり怒られたりして生きていくものだろう。 それを平気でいられなくなったら、他人との交流を極限まで切断して生きていくしかない。

責められたり怒られたり、それがたまりにたまって、ある限度を超えてしまい、 それ以上責められることに耐えられなくなるのだと思う。 つまり、人に責められることに、アレルギー反応を起こしているのだと思う。 一度アレルギーを発症するともうダメだ。どんなささいなことでも気にしてしまう。

私の場合そういうことが多い。 犬がうるさいと感じるようになったのも、ある一線を超えてからだ。それまでは別にどうということもなかった。 タバコも似たようなものかもしれない。

コメントを受け付けていません。

僭主と王

01.06.2017 · Posted in 歴史

僭主(τυραννος)と王(βασιλεύς)の違いはなんだろうかということをずっと考えていた。

Wikipedia の「僭主」を読んでもよくわからないと思う。 英語由来のタイラントだともっとわからない。タイラントには「暴君」という意味しかない。 これは一般化するよりは、古代ギリシャ世界における特有の呼び分け方だと思ったほうが理解しやすいと思う。

王というのは、血縁と地縁があって、その族長がなるものである。 だから王には血統があって、血筋というものが重視され、才能などはまあどちらでもよいということになる。 族長というものはどんな原始社会にもある。 王は、歴史に残らぬ古代から現代までずっとある君主の形態である。 人の集団は多かれ少なかれ、地縁と血縁、宗教や習俗でできているからであり、それは昔も今も大差ない。

これに対して、僭主はある程度文明が発達した社会にしか生まれ得ないはずである。

たとえば、地縁や血縁が強固なスパルタには僭主は生まれ得ない。王しかうまれない。

いっぽうアテナイやテーバイなどでは、無産階級が生まれ、奴隷や富豪などさまざまな、 地縁とも血縁とも関係のない市民がいた。 同じことはペルシャでもいえるのだが、 ペルシャのような巨大な国では皇帝独裁というものが発達した。 アテナイのようなミニチュアのような国では逆に、市民全員が政治に口出しする直接民主制というものが生まれた。

アテナイでもペルシャでも、一代で財をなしたり、あるいは領主となったり、 あるいは領地を相続したり、あるいは武力にうったえて政治権力をもったり、 戦争に功績があった将軍が民衆の支持を得て独裁を行ったり、 そういう形で僭主が生まれることがあるわけだ。

アテナイでは直接民主制もしくは貴族による寡占政治から逸脱した状態として、僭主が嫌われた。

しかし、ペルシャのように、大昔に支配者と被支配者が完全に分離した社会では、 ある日突然、一般人が領主になることがある。 それは婚姻によるものであったり、 跡取りがない領主が親しい奴隷に領地を相続させたりする。 宮廷の官僚や宦官などが王位を簒奪して領主になることもある。

アテナイではペイシストラトスとかテミストクレスが僭主と呼ばれる。 ペイシストラトスは貴族の親玉だった。無産階級をたくさん雇って農地や鉱山を開発させて一代で巨富を得た。 テミストクレスは戦争の英雄だった。サラミスの海戦でペルシャ艦隊を覆滅させた。 どちらも大衆を扇動して権力を独裁しようとしていると疑われたわけだ。

だけど、同じギリシャ人のポリスでもシチリアあたりだと全然違う。 どちらかといえばペルシャ世界と近い。

ギリシャ本土以外では、領主が血縁以外で継承すると僭主と言われる。 娘婿でもたぶん僭主扱い。 ただそれだけだ。

アテナイでは血縁や地縁が薄れてきたので、王政が貴族政に移行したのだろう。 直接民主制に移行したのは直接的にはペリクレスのせいだが、 狭いポリスで、アゴラに無産市民が集まって好き勝手いう環境が民主制というものを生み出したのだ。 でも同じギリシャ人でも、スパルタではそうはならなかった。 無産市民が発生せず、市民はみな農村にはなればなれで暮らしていたせいだろう。

僭主と王 はコメントを受け付けていません。

01.06.2017 · Posted in kindle

kwl も bwi も無料販売はじまった。 年末年始はさんだせいで時間かかった。 bwi では『妻が僕を選んだ理由』のジャンルが「画集」になっていたため(つまりジャンル指定を忘れたため)、 出版できなかった。 ジャンル変更して再出版となったが、1週間延びてしまった。 なんか変更すると基本1週間延ばしになる。 kdp はジャンルが結構いい加減であとから直してもらったりするのだが、 bwi は出版拒否の理由になるとか、なんかなあ。

kdp だと修正して 12時間ぐらいで新しい版を出版できて、 年末年始も特に変わりない。 アップし損ねたり設定間違っててもすぐリカバーできる。 kdp がいかに便利かを痛感した。 まあ、kwl も bwi も頑張ってるんだろうが。サポート態勢が全然違う。 どうも怖くて kwl と bwi は修正できないよ。 当面、kdp だけ常に最新版にしとく。

これで kdp でプライスマッチして無料になってくれれば、とりあえずOK。 もう無料はとうぶんこの2冊だけでいい。

そんでまあ、 『西京極家の秘仏』の続編を書こうかと思っているんですよ。 しかも同時に『潜入捜査官マリナ』の続編にもなっている。 よくあるパターンだよね。キャラとストーリー使い回すやつ。 続編だから読者を誘導しやすいというのがあるし、キャラを一から説明しなくて済むから楽。 同じワールドでどんどん続編を量産する。 そしてとにかくひたすら読みやすく読まれやすく書く。 ストーリーはだいたい決まってる。秘仏は実は贋作でしかも密輸入されたものだった。 万世警察署に配属されたマリナは神保町の榎本書舗に聞き込みに訪れる、というものだ。 ベタだなあ。我ながらベタだとおもうよ。でもべたべたくらいがちょうど良いんじゃないかな。

その代わりといってはなんだが『エウメネス』シリーズはどんどん難しくしていこうとおもっている。 もともと難しいんだけどね。 こっちはとにかくたくさん知識を詰め込むのが快感な人向けに書く。 ハルパロスを動かすのがおもしろかったので、それを今度はアリストテレスかディオゲネスでやってみようと思う。 オリュンピアスとアルトニスもぐりぐりいじる。 しかしそれには入念な準備が必要だ。

コメントを受け付けていません。

東ローマの後裔

01.06.2017 · Posted in 歴史, 読書

東ローマ帝国が滅びる直前一番近かったのはキエフ公国だった。血筋が一番近いのはグルジアとかアルメニアだったかもしれないが、 近隣諸国で一番でかいのはキエフだったし、 その後継のハールィチ・ヴォルィーニ公国とかモスクワ公国とか。 ともかく東ローマが滅んだ後にその血統と文化を継承したのは、いまおおざっぱにいうところのロシアの中にみんな入ってる。 なんでそうなったかといえば、キリスト教がカトリックとギリシャ正教に分かれたせいで、 両者の間ではほとんど通婚がなかったわけだ。 西ヨーロッパは、のちに宗教改革があるけど、要するに、王侯はみんな親戚どうしだから、 いざとなれば外敵には団結してあたるけど、 東ローマは血縁関係が薄いから見捨てられてしまった。 おなじようにギリシャも。

だけどまあ、近代になって、西ヨーロッパが対外進出し始めると、 一度は見捨てて見殺しにしたギリシャ世界、というか、ヘレニズム世界に食指を伸ばし始める。 オックスフォード辺りの学者が一生懸命ギリシャ語の勉強をやる。 その背景にはやはり、新約聖書がもともとはギリシャ語で書かれていたからでもある。

それで東ローマが滅んで400年近くたってから、 やっぱギリシャは俺等のもんなんじゃね、という機運が西ヨーロッパで盛んになる。 イギリス人もドイツ人も夢中になる。 一方、ロシアを含めたギリシャ正教の国々は旧態依然としてたわけよね。 というより、ロシアもペテルブルクなんか作ってドイツとかの西ヨーロッパの文化文明に憧れて、 もうギリシャとかどうでも良いと思ってた。

まあそれが今ちょっと話題になってる「社会問題」化しちゃったわけで、 ヨーロッパの若者がフィーバーして、ギリシャ独立戦争とかにつながる。 ギリシャは最初独立して王国になったが、その王様がなんとバイエルン王国の王子。 その理由が、東ローマ皇帝の血を引いているからってものなんだが、ものすごいこじつけだ。 ドイツ人のヘルダーリンも『ヒュペーリオン』とかいうおかしな小説書くし。 ゲーテもヨハンナ・シュピリもギリシャ大好きだった。 冷静に観察するとかなり頭おかしい。 しかも頭おかしいってことに自覚症状が無い。 自分たちがギリシャ人の子孫だって本気でおもってる。 ギリシャ人の子孫は今のトルコ人だよな。明らかに。 ついでにイタリアもオーストリアもイギリスもフランスもロシアもどんどんオスマントルコに進出して、 領土を切りとりはじめた。

でまあ、オックスフォードで始まった古代ギリシャ研究というのはすごいものではあるのだが、 もともとはなんの根っこもないもので、 特に初期の研究はけっこうおかしなものもあり、 それをいままじめな学者は一生懸命修正しようとしているのだが、 いったん定着したステレオタイプはなかなか消せない。 キリスト教とか19世紀のヨーロッパの哲学なんかとすごく深い教義の部分で絡み合ってしまっているので、 分離できなくなっている。

で、日本なんかはただのヨーロッパの受け売りだから、よけい始末に負えない状態に今ある。

東ローマの後裔 はコメントを受け付けていません。

水尾の里と小野の里

01.05.2017 · Posted in 歴史

清和天皇と惟喬親王の扱われ方というのは良く似ている。 二人は文徳天皇の皇子で、異母兄弟なのだが、ともほぼ同じころに宮廷を追いだされて、山の中に幽閉された。 惟喬親王は貞観14年(872年)、京都の東、比叡山中の小野の里に。 清和天皇は元慶3年(879年)5月、京都の西、嵯峨野の山中・水尾の里に。 まあ要するに、藤原基経高子兄妹によって、傀儡陽成天皇を立てて、要らなくなったから追放されたのだ。

ひどい話だなと思っていた。

でもまあよくよく考えるに、惟喬親王も清和天皇も生活も経済力も外戚に丸抱えされていたわけである。 天皇や親王が個人所有している資産というものが、この時代にはなかった。 飛鳥・奈良時代にはあったんだろうが、律令国家というものを作って、官僚組織を作って、中央独裁にした結果、 天皇個人の財産と国家の財産というものの区別がなくなり、 国家から切り離された天皇個人の財産というものがなくなった。 桓武天皇とか嵯峨天皇のころにそうなっちゃった。

それで日本では、通い婚、婿取り婚の伝統があるから、本卦還りしてしまって、 天皇は嫁さんの実家の経済力に頼らざるを得なくなった。 摂関政治の本質はそこだよな。

摂家の陰謀で、清和天皇と惟喬親王は追放された、というよりは、 二人とも隠居後の資産なんて何ももってなかったから、京都近郊の山の中を開拓して、 水尾の里と小野の里というものを作って、そこに住民も移住させて、 死ぬまで生きていけるようにした。 ようは老後のための年金として水尾の里と小野の里が与えられたのだろう。 今も山の中に老人ホーム作ったりしてるがあれと同じ。そんなふうに思えてきた。 別に幽閉されたというわけではなかったようだ。京都近郊をうろうろしてた。

惟喬親王は宮中を追いだされて25年後に54才で死んだ。まあまあ長生きしたほうだ。

清和天皇は貞観18年(876年)突然譲位。まあ、失脚したんだわな。 そして3年後、出家して水尾に入り、翌年あっという間に、30才で死んでしまった。 よっぽど嫁さんに嫌われてたみたい。 あんまり指摘されることはないのだが、 清和天皇ってかわいそうなひとだったんだなってことに新井白石は気付いていた。たぶん。

で、似たような状況が後三条天皇までは続いた。 だから、花山院みたいな悲惨な上皇もいた。 皇太子や天皇の間はちやほやされるが上皇になったらもう見捨てられちゃうみたいな(時代は違うが後鳥羽院にもなんとなくそのけがある)。 白河天皇は、その反省から、天皇家が自分で資産を持つようにしたわけよね。 そうして、外戚の資産に頼らなくて済むようにした。 それがまあ白河院が目指した院政というものだわな。

水尾の里と小野の里 はコメントを受け付けていません。

01.05.2017 · Posted in

昔、松屋はあまり好きじゃなかったのだが、今は少し好きになった。 昔は、某牛丼屋A、Bにしか行ってなかった。 Aはすでに食券になってくれたからいいのだが、Bは今も店員に金を払うシステムになっており、 これがもう私にはいらいらして仕方ない。 Aはもともと好きで今も好き。松屋は味付けが濃すぎてきらいだったが、今はわりとノーマルになってきた気がする。 肉質も上品になってきた?

で、Bだが、もともと味はすぐれていて今も悪くない。しかし、 経営者がいて、教育係がいて現場の素人のバイトがいて接客をやらせるわけだが、 バイトにいくら文句を言ってもらちがあかない。 食券にしてくれりゃその99%の不満は解決するのである。 なんなら完全に自動化してもらってもいい。 要するに、言葉で注文して後払いだから余計なプロトコルが増える。 そのプロトコルと接客マニュアルが私にはただいらいらするのだ。 こっちが牛皿と言っているのだから牛皿を出せばすむ話なのにかならず「ご飯はつきませんがよろしいですか」と聞き返す。 奥に戻ったあとチーフに言われてわざわざ戻ってきて聞き直すバイトもいる。 それが毎回なのでいいかげん腹が立ってもうBには行かんと決めた。

自動販売機みたいに、金を入れたら、或いはパスモみたいなカードで支払って、 牛丼が奥の厨房からベルトコンベアででてきてそれをセルフで食べる。私にはそれで何の問題もない。

ところが世の中には、空になった丼に手を合わせてごちそうさまと言い、 さらに店員にも一声ありがとうなどと言わなくては気が済まない人もいるらしい。 そういう話を聞くとなんだか自分が人情を解さない人非人になった気分になる。

私の場合、立ち食い蕎麦屋でもとてもおいしいとおもったときにはごちそうさまでしたと言って出てくるけれど、 そうでないときはむすっとして出る。 それもおかしいという人がいる。 そういう人は、アマゾンのレビューでいつも星を五つつけるのだろう。 いつも五つ星しかつけないひとのレビューに意味があるだろうか? シャノンの情報量の定理によればそういうのは情報量は0である。

思うに、ホストとゲストの間の心の交流というものが欲しいならば、自分で、 なんかの旅行案内だか飲食店案内のサイトなんかに頼らずに、 自分の足で、そういう小料理屋みたいなところを探せばいいんだ。 小料理屋にもピンからキリまである。高いところは高いし、安いところは安い。 そうして気にいったところに通って、すきなだけごちそうさまとかありがとうと言ってやればいい。 その店主の、オーナーの、女将の目の前で。 こつこつと根気のいる仕事だと思う。

しかしめんどくさがり屋な人は目の前にあるコンビニや牛丼屋に入ってそこで人と人との交流を求めようとする。 その裏返しで店員に絡む人もいる。 どっちも私にはただうっとうしいだけだ。 コンビニもさっさと全自動化すれば良いと思う。 そうしてファストフードとかコンビニから人がいなくなれば世の中殺伐とするかといえばそんなことはない。 まともな飲食の店、まともな接客の店に人が流れるだけのことだ。 そういうまともな店はいくらでもあるし、需要が増えれば増えるだけ供給も増えるだろう。

某ハンバーガーチェーンも深夜営業をやめるというが当然だと思う。 あの終電待ちでだらだらソファで寝てるやつとか、 深夜時間帯を狙ってバイトいじめにくる頭のおかしなオヤジとか。 ここが日本かというくらい治安が最悪だった。あんなものはさっさとやめるがいいのだ。 私にいわせりゃああいうところでお礼をいうやつと文句を言うやつは同じ人種で要するに金も手間もかけずに人と交流したいわけよね。 そういう連中の居場所を提供しちゃいけないんだと思うよ。

コメントを受け付けていません。

naturalist と natural history

01.03.2017 · Posted in 読書

実におかしな感じである。

『種の起源』にわざわざ名前を挙げて出てくる naturalist はほぼみな間違いなくプロの学者であり、 学会に属し、論文を書き、研究をしている。 これに対していちいち名前は挙げていないが「飼育家(raiser)」「(家畜の)育種家(breeder)」「愛好家(fancier)」 「園芸家(gardener)」「(栽培植物の)育種家(cultivator)」 などについても多く言及していて、彼らは明らかに naturalist とは異なる立場の、別の世界に生きている人間として描写されている。 つまり研究のプロ対アマチュアという構図である。 多くの naturalist は飼育や栽培というものを研究の対象に値しない、無視している、 だがこれもまた絶好の研究対象であるというのが私の信念などと言っている。 つまり私(ダーウィン)はあえて、これまで素人がやってきた品種改良のための「選択」というものを研究対象とします、と宣言しているのだ。 またたとえば、

May not those naturalists who, knowing far less of the laws of inheritance than does the breeder, and knowing no more than he does of the intermediate links in the long lines of descent, yet admit that many of our domestic races are descended from the same parents…

breeder よりも遺伝の法則についてほとんどわずかしか知らず、また、 品種の長い連鎖についてはなおさら知らない naturalist たちでさえ、 多くの家畜品種が単一の親に由来することを認めるのではないか。

つまり素人の愛好家や飼育家たちは、どちらかと言えば、 遺伝現象について極めて博識であるがゆえに、 たくさん亜種が一つの親から派生したとは容易に信じない。 むしろそうした家畜や園芸種の繁殖の知識に乏しい naturalist のほうが、 たくさんの亜種が一つの種に属すると考えているのである。

したがって、訳者が言うように、

ダーウィンがナチュラリストと呼んでいる人物の多くは在野の自然観察者や昆虫マニア、園芸家であったりすることが多く、いわゆる「学者」のイメージにそぐわない。

というふうには私にはとても読めないのである。

そもそもダーウィンはアメリカ海軍の艦長の許可を得てわざわざ南米、オセアニアを探検して回ったプロの研究者であるし、 本文中に言及されているウォレスなどもマレー諸島を探検しているプロだ。 マルサスも、 チャールズ・ライエルも、ジョセフ・ダルトン・フッカーも、イジドール・ジョフロワ・サン=ティレールも、 フリッツ・ミューラーも、プロスパー・ルーカスも、その他もろもろの人たちもみんなその道のプロの学者だ。

いったいどこから「ナチュラリスト」が「昆虫マニア」のたぐいだという発想が出てくるのか。不思議だ。

というより今日「ナチュラリスト」と言うと、どちらかと言えば、少なくとも日本語においては、 「自然保護主義者」とか「自然回帰主義者」とか、動物愛護団体とかベジタリアンとかヒッピーとかアナーキストのようなものを連想すると思う。 naturalist を「博物学者」と訳してきた歴史は長く、訳語としては非常に安心して使える。 わざと新しい訳を試みてちと勇み足したのではないのか。

しかし私にとってもっと奇異に感じるのは man’s selection を「人為選抜」と訳し、 natural selection を「自然淘汰」と訳しているところだ。 ダーウィンは明確に、man’s selection を拡張解釈した先に natural selection というものがあるに違いない、 という論理展開をしている。 ダーウィンの人為選択説はそのまま優生学や家畜や作物の品種改良の理論に通じるものである。 ダーウィンはそれまでの品種改良に用いられてきた経験則的選択(methodical and unconscious selection)を、 人為選択という概念でまとめ直して、博物学的に扱えるようにし、さらに近代科学へと橋渡ししたのである。 ダーウィンはきちんと自分で多くの鳩の品種を飼って交雑させて、鳩が単一の種であることを確かめた。 彼の鳩に関する実験と研究と考察は今日にも通用するまっとうなものである。 いっておくがダーウィンは鳩の愛好家の一人ではない。鳩を学術研究の対象にした学者である。

ところが彼がそこから類推した自然選択というものは、彼の空想に過ぎず、何の根拠もない。

私は、「人為選択」を確立し、「自然選択」という新しい概念をこしらえて、 「人為選択」と「自然選択」を対比させて、「自然選択」の存在を予言したのがダーウィンの仕事だと思う。 しかるに、「人為選抜」「自然淘汰」と訳してしまっては、その対比関係がまったくわからなくなってしまうではないか。

どうも日本人に「自然淘汰」と訳したがる一群の人たちがいるらしい。 それを「自然選択」に直そうと努力する人たちもいるのだが、なぜかまぜっかえされる。 しかも「選抜」という進化論ではあまりなじみのない訳語を引っ張り出してきたのはどういうつもりなのだろう。 選抜というのは高校選抜野球みたいに、なんだか個体間や集団間の闘争や競争のようなものをイメージしてしまうのだが。 無色透明な「選択」という言葉でなぜいけないのか。 単純に「選択」という訳語を使っておいてあとは読者に判断させればよい。 それをときに「選抜」と訳しときに「淘汰」と訳すのは訳者の恣意であり、おそらくは何らかの思想への誘導であり、 或いは単なる奇をてらった訳であって、読者を混乱させる。

また、natural history を「自然史」と訳すのもおかしな感じがする。 natural history はもはや時代遅れな用語であって、 「自然史」などと科学用語(自然科学?社会科学?それとも人文科学?)のような訳し方をするのは奇異である。 natural history はやはり「博物学」とでも訳しておいたほうが無難ではなかろうか。 そうすればこれが19世紀に流行った、近代科学よりも少しだけ前の時代の、 それこそ手塚治虫や荒俣宏が描く牧歌的な世界であることがわかるだろうと思う。

私にはどうも、natural history という言葉には、キリスト教的創造説のニュアンスを感じる。 人間に歴史があるように、神が創造した自然にも歴史があるのだ、という考え方。 これは東洋の、中国の史学とはまったく相容れないものだ。 歴史とは人が後世に書き遺すものだからだ。

私はたとえば Gesang を「賛美歌」と訳すのが嫌いだ。単に「歌」と訳す。 Gesang には「賛美」なんて意味はどこにもないから。 そういうもとの言語にない日本語固有の色を付けるのは嫌だ。

naturalist と natural history はコメントを受け付けていません。