赤塚巡り(副題「赤塚良いとこ一度はおいで」)

投稿者: | 1999年3月26日

成増の不動産屋へ.
実家から送ってもらった保証人の実印が父ではなく祖父のだった.
などのちょっとしたハプニングはあったものの,契約成立.
鍵は 30 日にくれるとのこと.
一応 4/1 日から入居可だが,鍵さえもらえばこっちのもの.

赤塚図書館に入ってみたが,思ったより広くてご満悦.
世田谷中央図書館には遠く及ばないが,
世田谷図書館よりは広そう.
しかもわりと空いている.
わざわざ赤塚の山の上まで登ってくるやつはいないのだろう.

赤塚体育館というものにも入ってみたが,
屋内温水プールが思ったよりも広くてびっくり.
地下二階に,25m プールと,子供用プールがある.
プールサイドも異様に広く,採光も充分.
地下一階からプールがのぞけるようになっているが,
このフロアも異様に広い.
なんとも贅沢な作り.
さすが自治体.民間には真似できねー.

トレーニングルームというところに,
中年おじんおばんがたいそう集まっていた.
ちょっとしたフィットネスジムで一般公開利用は 380 円.
近所なので便利なのだが,僕はあいにく運動は嫌いなたちだ.
僕は昔,風呂なしのころにフィットネスジムに銭湯代わりに通ったことがある.
あまり運動は長続きしないのだが,
年に二三回は利用させてもらうかも.
ともかくフツーのフィットネスジムに高い金出して通う必要はまったくないと見た.

成増図書館は,本棚絨毯など非常に新しいが,
赤塚図書館よりちょっと広いくらいで,
それほどすごくない.
地方自治体の図書館としてはやはり世田谷中央図書館は最大級だろう.
普通の区立図書館の軽く三倍の広さがあり,
平日昼間でも常に混んでいる.

図書館と同じ建物の中に成増アートギャラリーというのがあって,
これが一日 10000 円で借りられるそうである.
一週間くらい借りて 7 万円.
高いのか安いのか良くわからん.
そもそも成増まで見に来るのか?
高島平の陶芸サークルみたいのが展示してた.
重くて厚くてつるつるして最悪なのもあったが,
軽くて薄くてさらっとした,なかなか良くできたのもあった.
なかなか良い土使てるやないけ(笑).
焼き物を自分で焼きだしたらはまりそう.
高島平は赤塚庁舎前からバス一本でいける.
全然遠くないのである.

成増北口の再開発はつい最近のことのように思える.
三茶のキャロットタワーくらいかな.
赤塚図書館も赤塚体育館も新しくてすばらしい.
こういうバブルの遺産は歓迎だね.
成増北口から赤塚高台にかけて,全般に町が若々しく,
まるで板橋じゃないみたい(笑).
ただし,ついでに体育館前通りというのを通したのは良くなかった.
この道なからましかばとおぼえしか.つーか.
この道がなければ交通はかなり不便になり,従って車が入ってこなくなる.
太い道がなく,地元の車以外に入って来ないようなのが理想だ.
駅までの距離が同じでも,
朝から二車線の道をいくつも横切るのは気分最悪.
荷馬車がやっとすれ違える程度の田舎道を歩くのは散歩気分でよろしい.

赤塚植物園にはまだ足を踏み入れてない(けっこう期待している).
赤塚美術館というのもあるようだ(あまり期待してない).
赤塚城址というのもあるそうだ(だからなんなんだ).
どっちにしろ近所なのでそのうち遊びにいこう.

日が長いので,
観光バス気分で成増駅前から高島平経由で赤羽へ.
赤羽はいかにも古い町だ.
巨大なダイエーがある.
碑文谷のダイエーよりは小さいようだ.
エスカレータの手すりが汚い.
あまり活気がない.
大きなお世話かもしれんが,
不景気ならまずエスカレータの手すり磨きから始めるべきだね!

カテゴリー: 未分類
にほんブログ村 酒ブログへ 居酒屋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA